2021年 7月 31日 (土)

「悔しかった」指原莉乃が泣いた理由 宮脇咲良&兒玉遥「涙の共演」が生まれた背景

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   HKT48の宮脇咲良さん(23)が2021年6月19日、マリンメッセ福岡A館(福岡市博多区)で卒業コンサートを開き、10年間にわたるHKT48メンバーとしての生活に幕を下ろした。

   終盤には、卒業生の指原莉乃さん(28=19年卒業)、「はるっぴ」こと兒玉遥さん(24=19年卒業)がサプライズで登場し、宮脇さんと兒玉さんがダブルセンターを務めた「12秒」(15年)をパフォーマンス。約4000人の観客を驚かせた。

   2人は宮脇さんにとって、それぞれ「恩師」「盟友」とも言える存在。宮脇さんが日韓合同ユニットIZ*ONE(アイズワン)の活動で日本を離れていたことや、兒玉さんが長期間休養していたことで、3人の共演ができない状態が長く続いていた。つまり、指原さんにとって、過去のマリンメッセ公演は「どうしても悔いがあった」「みんなやっぱり、当時悔しかったと思う」。宮脇さんの卒業という節目で3人がそろってステージに立てたことで、指原さんは「やっぱり咲良とこうやってまた...ね!マリンメッセに立てるのは本当に嬉しい」と涙を見せた。

  • 左から宮脇咲良さん、指原莉乃さん、兒玉遥さん。指原さんと兒玉さんは、それぞれ「恩師」「盟友」とも言える存在だ(c)Mercury
    左から宮脇咲良さん、指原莉乃さん、兒玉遥さん。指原さんと兒玉さんは、それぞれ「恩師」「盟友」とも言える存在だ(c)Mercury
  • IZ*ONEで一緒に活動していた矢吹奈子さんとは、IZ*ONEの楽曲「夢を見ている間」を披露した(c)Mercury
    IZ*ONEで一緒に活動していた矢吹奈子さんとは、IZ*ONEの楽曲「夢を見ている間」を披露した(c)Mercury
  • HKT48を卒業した宮脇咲良さん。6月27日には「壮行会」イベントに出演する(c)Mercury
    HKT48を卒業した宮脇咲良さん。6月27日には「壮行会」イベントに出演する(c)Mercury
  • 左から宮脇咲良さん、指原莉乃さん、兒玉遥さん。指原さんと兒玉さんは、それぞれ「恩師」「盟友」とも言える存在だ(c)Mercury
  • IZ*ONEで一緒に活動していた矢吹奈子さんとは、IZ*ONEの楽曲「夢を見ている間」を披露した(c)Mercury
  • HKT48を卒業した宮脇咲良さん。6月27日には「壮行会」イベントに出演する(c)Mercury

指原さんは2年ぶり、兒玉さんは3年半ぶりのHKT48ステージ

   HKT48がマリンメッセでコンサートを開くのは、19年5月の「指原莉乃11年ありがとう!大感謝祭」コンサート以来、2年ぶり。指原さんがHKT48のステージに立つのも、この時以来だ。兒玉さんはさらにブランクがあり、17年11月の6周年記念公演以来、3年半ぶりだ。

   兒玉さんは宮脇さんと同じ1期生で11年にデビュー。グループで指原さん、宮脇さんに次ぐ人気メンバーとして知られ、16年のAKB48グループの選抜総選挙では9位に入った。17年初めから体調を崩し、同年2月に活動を休止。4月にいったん復帰したものの、12月から長期休養が続いた。そのままグループに復帰することはなく、19年6月にグループ卒業と、女優として芸能活動を再開することを発表していた。

   この間、兒玉さんの復帰を待ち望む声は多かった。18年5月にマリンメッセで開かれたコンサートで披露した「2018年の橋」の演出では、それが反映された。兒玉さんが休養する直前に発売されたHKT48のファーストアルバム「092」(17年12月発売)に収録されている楽曲で、指原さん、1期生の宮脇さん、兒玉さん、2期生の朝長美桜(ともなが・みお)さん(23=20年卒業)、田島芽瑠(たしま・める)さん(21)が担当している。コンサートでは、兒玉さん以外の4人で披露。背景の画面には兒玉さんが大きく映し出され、指原さんや宮脇さんは大粒の涙を流した。

   IZ*ONE の活動が本格化していたこともあって、19年4月に横浜市内で開かれた指原さんの卒業コンサートには宮脇さんも参加できず、ビデオメッセージを寄せるにとどまった。指原さん、朝長さん、田島さんの3人で歌い上げた「2018年の橋」では、指原さんが涙をこぼす2人を次々に抱きしめ、

「はるっぴと咲良に、届きますようにー!」

と声をあげた。直後の19年5月にマリンメッセで行われた「感謝祭」コンサートも、2人は参加しなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中