2022年 11月 28日 (月)

「#若者に売れたい」虫さされ薬キンカンの「切実広告」が話題 「本音」の意図は?製造元に聞く

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   虫さされ薬「キンカン」の広告が渋谷駅地下をジャックし話題になっている。「#若者に売れたい」と訴える広告と、キンカンの黄色いボトルを模した巨大柱巻き広告が若者の街・渋谷で展開され、そのメッセージ性やインパクトある見た目から写真投稿などが相次いでいる。

   キンカンは金冠堂(東京都世田谷区)の主力商品だ。広告は若年層への認知度向上を目的に、2021年6月21日から7月4日まで掲出される。黒ボトルにアルファベットで文字が書かれたパッケージ違いの商品「キンカン ノアール」についても28日、同様の柱巻き広告を出した。実は若年層に焦点を当てたキンカンの広告を出すのは今回が初めてではない。J-CASTニュースは金冠堂に、若者への訴求を続ける理由などを電話取材した。

  • 金冠堂公式PRより
    金冠堂公式PRより
  • キンカンの「切実すぎる本音」広告
    キンカンの「切実すぎる本音」広告
  • 金冠堂公式PRより
  • キンカンの「切実すぎる本音」広告

「渋谷の地下はほぼキンカン。匂ってきそうだ」

   金冠堂の21日のプレスリリースによると、広告は「昔馴染みのあるキンカンが若年層に知られていないという事実」からの脱却を狙ったもの。渋谷駅のメッセージ広告は、真っ白な背景に

「若者のみなさんへ。
買わなくてもいいので、今日はどうかラベルだけでも覚えて帰ってください。
#若者に売れたい」

という「切実すぎる本音」が書かれ、これとキンカンのボトル写真のみというシンプルな構成になっている。メッセージ広告の近くにある柱も広告になっており、円柱という形状を活用して、キンカンのボトルに見立てたラッピングをしている。

   この広告に多くの人が目を惹かれたようで、ツイッターでは

「これすごく好き。超キンカン」
「柱がキンカンになってる」
「渋谷の地下はほぼキンカン。匂ってきそうだ」

など、写真付きの投稿が多く寄せられている。キンカンの「うたう広告宣伝次長」として起用されている歌手のオーイシマサヨシさんも24日、「噂のキンカンスポット行ってきた」と手にキンカンを持った写真とともにツイッターに投稿しており、1万6000件以上のいいね(30日夕時点)を集めた。

   他にも「パインアメ」や中濃ソースでお馴染みの「ブルドックソース」など昔馴染みの企業アカウントも「#若者に売れたい」に賛同したツイートを投稿しており、今回の本音広告は大きな反響を呼んだ。

「嘘は見抜かれるような空気」

   金冠堂は1926年に設立し、最初期のキンカンも同年に誕生した。95周年を迎える歴史ある企業が、主力のロングセラー商品をめぐり、なぜ若者向けに強くメッセージを出したのか。

   6月28日の取材に答えた金冠堂の広告宣伝担当者によると、若年層をターゲットにした広告は18年から展開している。19年には渋谷センター街にアパレルブランドを彷彿とさせるポスター100枚を使用した「ポスタージャック」などを実施。広告から前述の「キンカン ノアール」が生まれたという。

   近年、若年層をターゲットに広告を展開している理由について、担当者はこう明かした。

「毎年、シーズン前の4月とシーズン中の8月に全国2000人前後にアンケートを実施しています。調査の結果、メインのお客様、リピーターのお客様は年配の方が中心で、若い方の流入を得られていないことがわかりました。20代では『知っている』が減り、その中でもさらに『使ったことがない』という回答が多く『祖父母の家で見た』というご意見もいただきました。そこで、キンカンが虫さされ薬だと知ってもらう入口として3年前から若年層向けのPRを始めました」

   今回、若者の街として原宿などではなく、渋谷を選んだのは「継続的に渋谷で広告を出していたこと、スクランブル交差点が有名なことや、ウェブで見た人でも(若者向けであることが)連想しやすい場所だと思い選びました」とのことだ。

   しかし、今回の広告は過去3年のものよりストレートに「#若者に売れたい」という切実な本音を押し出している。その理由について、前述の担当者は「今年はコロナが続いている中で嘘は見抜かれるような空気感があり、本音や誠実さが大事だと感じました。『売れたい』という本音を出したことによって謙虚や誠実といった反応をもらえたと思います」と話した。

   広告がネットで話題を呼んだのはメッセージだけではなく、ボトルに見立てた柱巻き広告も一因だろう。もともと「円柱」にこだわっていたものの「最近の交通広告はデジタル広告が多く、四角い柱が主流です。また20~30メートルのボリュームでメッセージとのインパクトを狙いたかったため、コストの面でも苦労しました」(前出担当者)と広告を打ち出す場所を探すのに苦労したという。

   また、担当者は今回の大きく話題になっていることについて「大きな反響をいただけたこと、広告を好意的に受け止めていただけたこと、嬉しいです。広告の内容だけでなく、フォロワーの方が盛り上げる空気を作ってくれたこと、ほかの企業さまのツイッターでも反応いただけたおかげだと思います」と感謝を述べた。

   キンカンの話題が盛り上がっているなか、同社のツイッターアカウント「KINKAN Noir」も28日、「Noir(ノアール)も若者に売れたいんです」と渋谷駅にボトルデザインの柱巻き広告を出したと報告した。通常のキンカンが明るい黄色を基調とし、日本語で品名などを書いているのに対し、ノアールは黒のボトルに白のアルファベットで「KINKAN」と書かれるなど、よりファッショナブルな見た目。巨大な柱巻き広告にしたことで、こうした見た目の違いも印象づけている格好だ。

   ノアールが同じ広告を出したことについて、担当者は「ほかの企業さまに乗っていただけたので、社内でも乗ってみたという形で展開できました」と語った。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中