2021年 8月 3日 (火)

「全世界に対する差別」「傷ついてしまったに決まっている」 デンベレ&グリーズマンの謝罪を仏人気YouTuberがメッタ切り

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   日本人への差別発言で謝罪したサッカー・フランス代表のウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマン両選手について、フランス人YouTuberのアマンディーヌさんが持論を展開した。

  • 右からウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマン(写真:AFP/アフロ)
    右からウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマン(写真:AFP/アフロ)
  • 右からウスマン・デンベレ、アントワーヌ・グリーズマン(写真:AFP/アフロ)

「アジア人に対してだけでなく全世界に対する差別」

   問題の発言は、2人が2019年夏に来日した際に飛び出した。日本人の容姿や言語への侮辱的な発言を収めた動画がSNSで拡散し、両選手は6日、差別発言について謝罪した。

   グリーズマン選手はツイッターに「日本の友人たちを怒らせてしまったなら申し訳ありません」(編集部訳)などと投稿。デンベレ選手は「この動画が人々を傷つけるかもしれないと理解しています。だから、私は彼らに心から深く謝罪したいです」(同)などと書いた文章を、インスタグラムのストーリーに投稿した。

   アマンディーヌさんは2021年7月7日、ユーチューブチャンネル「ボンソワールTV BonSoirTV」で、この対応への見解を語った。

   「完全に私の個人的な意見になりますので、フランス人が全員こんなふうに思っているわけではないのでご了承ください」と前置きした上で、デンベレ選手について

「謝罪文を、そもそもインスタのストーリーに載せる意味があるのか」

と発言。「たくさんの人に長く見てもらいたい内容なのに、インスタのストーリーって24時間で消えるもの」と謝罪方法に疑問を呈している。

   続けて、「一番ショックだった内容は、『どこの国でも同じ表現を使う』というところと、『友達と一緒にいるときも同じ表現を使う』って(ところ)。日本人に対してだけじゃなくて、他の国の人にも"ひどい顔"とか、"なんだこの言語"とか、そういう差別の発言は、アジア人に対してだけでなく全世界に対する差別」と切り捨てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中