2021年 9月 21日 (火)

「ビデオ審判はどこにいたの?」 女子サッカー日本戦「幻のゴール」にチリ代表キャプテンが激怒

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京五輪・女子サッカーの日本対チリでの「ノーゴール判定」が、チリ国内で物議を醸している。

   後半25分にチリの選手が放ったシュートはクロスバーを直撃し、ゴールライン付近に落下。これがノーゴールとジャッジされ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)からの指摘もなかった。

   チームのキャプテンは試合後、インスタグラムで「ビデオ審判はどこにいたの?」と怒りを吐露。チリメディアがサイト上で行った「ゴールは有効だったと思うか」を問うアンケートでは、8割を超えるユーザーが「ゴールは有効だった」と答えている。

  • サッカー女子・チリ代表GKのクリスティアネ・エンドレル(写真:AP/アフロ)
    サッカー女子・チリ代表GKのクリスティアネ・エンドレル(写真:AP/アフロ)
  • エンドレルが抗議した「ノーゴール」判定(エンドレルのインスタグラムより)
    エンドレルが抗議した「ノーゴール」判定(エンドレルのインスタグラムより)
  • サッカー女子・チリ代表GKのクリスティアネ・エンドレル(写真:AP/アフロ)
  • エンドレルが抗議した「ノーゴール」判定(エンドレルのインスタグラムより)

選手は両手広げゴール主張も...

   2021年7月27日、宮城スタジアムで行われた女子サッカー1次リーグE組の日本対チリの試合。1敗1分の日本は、勝てば決勝トーナメント進出が決まる一戦だった。

   試合は日本が押し気味に進めるも、チャンスを生かせず。前半は無得点に終わった。後半もスコアレスのまま迎えた後半25分、物議のシーンが訪れる。チリのMF、フランシスカ・ララが味方のクロスにヘディングで反応すると、ボールはクロスバーを直撃。ゴールライン付近に落下したものの、日本のGK山下杏也加が外にかきだした。

   シュートを放ったララは両手を広げてゴールを主張したものの、主審はこれをノーゴールと判定。VARからの指摘もなく、そのまま試合は続行した。この判定にララは頭を抱え、信じられないといったような表情を見せた。

   その後、日本は後半32分に田中美南がゴールを奪うと、この1点を守りきり勝利。決勝トーナメントに駒を進めた。一方のチリは1次リーグ3連敗となり、大会から姿を消した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中