2021年 9月 23日 (木)

メンタリストDaiGo、差別発言する人は「頭が悪い」 自身の炎上で過去発言に再注目

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   メンタリストのDaiGo氏が、ホームレスの人や生活保護受給者に差別的な主張をした問題で、過去の発言にも注目が集まっている。

   自身のユーチューブ動画で、差別発言をする人の傾向に「IQが低い」「複雑なことや多様性を理解できない」を挙げていた。

  • DaiGo氏のユーチューブ動画より
    DaiGo氏のユーチューブ動画より
  • DaiGo氏のユーチューブ動画より

「邪魔だしさ、プラスになんないしさ」

   DaiGo氏は、2021年8月7日に配信したユーチューブ動画で、生活保護受給者に対し、「僕は生活保護の人たちにお金を払うために税金を納めてるんじゃないからね。生活保護の人たちに食わせるくらいなら、猫を救ってほしいと僕は思うんで」と持論を展開した。

   続けて、ホームレスの人に向けて「邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、治安悪くなるしさ、いない方がいいじゃん」「もともと人間はね、自分たちの群れにそぐわない、社会にそぐわない、群れ全体の利益にそぐなわい人間を処刑して生きてきてるんですよ。犯罪者を殺すのと同じですよ。犯罪者が社会の中にいると問題だし、みんなに害があるでしょ。だから殺すんですよ。はい。同じですよ」と言及した。

   一連の発言はインターネット上で多くの批判を集めた。DaiGo氏は13日、「他人が何を大事だと思うかは、他人の勝手」などとツイートし、意に介していないようだ。

   DaiGo氏は6月22日の動画で、差別発言をする人の特徴について持論を展開していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中