2021年 9月 19日 (日)

「天神ビッグバン」で激変する福岡中心部 「イムズ」も32年の歴史に幕...次はどこに?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   九州最大の繁華街として知られる福岡市・天神の商業ビル「イムズ」が2021年8月31日に閉館する。「イムズ」は「Inter Media Station」(インター・メディア・ステーション)の略称。アートギャラリー、ホール、かつては自動車ショールームを備え、その名前のとおり「情報発信基地」としての役割に加えて、金色の目立つ外装でも市民に親しまれてきた。

   閉館は福岡市が進める再開発プロジェクト「天神ビッグバン」が契機。イムズ開業は1989年で、商業ビルとしては若干短い32年の歴史に幕を下ろす。イムズの至近距離にあった天神のランドマークの福岡ビル(福ビル)、天神コアといった商業ビルはすでに姿を消しており、福岡市中心部は大きく姿を変えている。

  • 2021年8月31日閉館するイムズ(写真中央)。外観は金色に輝く有田焼のタイルで覆われている(2021年3月撮影)
    2021年8月31日閉館するイムズ(写真中央)。外観は金色に輝く有田焼のタイルで覆われている(2021年3月撮影)
  • イムズは地下2階から地上8階までは吹き抜けになっているのが特徴だ(2021年3月撮影)
    イムズは地下2階から地上8階までは吹き抜けになっているのが特徴だ(2021年3月撮影)
  • 天神交差点からみた福ビルと天神コアの跡地。奥にイムズが見える(2021年3月撮影)
    天神交差点からみた福ビルと天神コアの跡地。奥にイムズが見える(2021年3月撮影)
  • イムズ屋上からみた福ビルと天神コアの跡地(2021年3月撮影)
    イムズ屋上からみた福ビルと天神コアの跡地(2021年3月撮影)
  • かつての天神交差点から。手前から奥に向かって福ビル、天神コア、イムズ(2019年5月撮影)
    かつての天神交差点から。手前から奥に向かって福ビル、天神コア、イムズ(2019年5月撮影)
  • 2021年8月31日閉館するイムズ(写真中央)。外観は金色に輝く有田焼のタイルで覆われている(2021年3月撮影)
  • イムズは地下2階から地上8階までは吹き抜けになっているのが特徴だ(2021年3月撮影)
  • 天神交差点からみた福ビルと天神コアの跡地。奥にイムズが見える(2021年3月撮影)
  • イムズ屋上からみた福ビルと天神コアの跡地(2021年3月撮影)
  • かつての天神交差点から。手前から奥に向かって福ビル、天神コア、イムズ(2019年5月撮影)

金色に輝く有田焼のタイルに覆われる

   イムズの土地は元々は福岡市の所有地で、「市民のためになる」などを条件にコンペで売りに出された。西鉄福岡(天神)駅の斜め前で、当時は福岡都心の「最後の1等地」とも称された。7グループが名乗りを上げ、激戦を制して三菱地所と明治生命保険(現・明治安田生命保険)の企業連合による提案が選ばれた。

   イムズがオープンした1989年はバブル景気真っただ中で、3月には福岡市制施行100周年を記念したアジア太平洋博覧会(よかトピア)が開幕。福岡市の発展にも後押しされる形で、翌4月にイムズは開業した。地上14階・地下4階建てで、地下2階から地上8階にかけて、中央部分に吹き抜けを設けた。外観は、金色に輝く有田焼のタイルに覆われた。

   その後、福岡三越(1997年開業)、福岡パルコ(2010年開業)などが天神に新規出店し、2011年の九州新幹線開業で博多駅周辺にも商業施設が増えて競争が激化。売り上げが減少する中、福岡市が「天神ビッグバン」を打ち出したこともあって、三菱地所が19年1月にイムズの建て替えを発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中