2021年 10月 23日 (土)

村田諒太、「最強の相手」と対戦か 「12・28神戸決戦」米メディア報じる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(35)=帝拳=が年末に日本でビッグマッチを行う可能性が浮上した。米スポーツ専門メディアESPNが2021年9月22日(日本時間23日)に報じた。

  • 村田諒太選手(2018年撮影)
    村田諒太選手(2018年撮影)
  • 村田諒太選手(2018年撮影)

2年ぶりリングでビッグマッチ実現か

   ESPNは21年12月28日に神戸でタイトル戦が行われる予定で、対戦相手は元世界ミドル級3団体統一王者で現在IBF同級王座を保持するゲンナジー・ゴロフキン(39)=カザフスタン=になると伝えた。

   タイトル戦にあたり両陣営はすでに合意しており、あとは中継を予定する動画配信サービスDAZNの承認待ちの状態にあるという。

   新型コロナウイルスの影響もあり村田は19年12月23日に行われたスティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦を最後にリングから遠ざかっており、年末にゴロフキン戦が実現すれば約2年ぶりのリングとなる。

   村田は19年12月に王座の初防衛を果たしてからビッグマッチを熱望しており、一時、世界スーパーミドル級3団体王者サウル・アルバレス(メキシコ)との対戦が浮上した。これは交渉が成立せず実現には至らなかったが、ビッグネームのゴロフキンもかねてから対戦候補に挙がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中