2022年 1月 28日 (金)

大谷翔平6冠快挙「噛みしめる時間必要」 長嶋一茂労う「自分が犠牲になってでも勝利考えていた」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂氏(55)が2021年10月29日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)に出演し、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手(27)の偉業を称賛した。

  • 大谷翔平投手(17年撮影)
    大谷翔平投手(17年撮影)
  • 大谷翔平投手(17年撮影)

長嶋氏「メジャーリーガーにも認められて...」

   大谷は21年10月28日(日本時間29日)、大リーグの選手間投票による年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」と、ア・リーグ最優秀野手「アウトスタンディング・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」の2部門で選出された。

   今季、二刀流で大リーグを席巻した大谷はその活躍が認められ、26日に大リーグ機構からコミッショナー特別表彰を受けた。日本選手では05年のイチロー氏以来、16年ぶりの受賞となった。

   この他には米専門誌「ベースボール・アメリカ」の年間最優秀選手、米専門誌「ベースボール・ダイジェスト」の野手部門最優秀選手、老舗スポーツメディア「スポーティング・ニューズ」の年間最優秀選手「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」に選出され、今回の受賞で6冠達成となった。

   番組では冒頭で大谷の快挙を特集し、司会の羽鳥慎一アナウンサーが「選手が選ぶのは価値がありますよね」と振ると、長嶋氏は「相当あると思いますね」と即答。そして「メジャーリーガーにもリスペクトされて、なおかつ認められたっていうのはすごく大きいことだなと思います」と率直な思いを述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中