2022年 1月 23日 (日)

「人生終わった」事故から9年 手足3本失った僕が、いま子供たちに伝えたいこと

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   20歳の時に事故で両足と右手を失い、YouTubeなどでの発信を続けている山田千紘さん(30)は最近、小中学校で講演する機会を立て続けに得た。学校講演は小中いずれも初めての経験。体についての質問が数多く出たことが「めちゃくちゃ嬉しかった」という。子どもたちに伝えたかったこととは。山田さんが語った。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 学校講演した山田千紘さん
    学校講演した山田千紘さん
  • 学校講演した山田千紘さん
    学校講演した山田千紘さん
  • 学校講演した山田千紘さん
  • 学校講演した山田千紘さん

疑問に思ってもらうことが、僕にとっては理解を深めてもらうための第一歩

   東京都内の小学校で先日、講演させてもらいました。低学年と高学年の2回、それぞれ40分ずつ時間をもらいました。義足や義手を見せながら、僕が楽しい人生を送ることができている理由や考え方について伝えました。

   僕が一方的に話すより、質問を受けて答えていくことに半分以上の時間を割きました。「体のこと、何でも聞いていいよ」と伝えると、子どもたちは積極的に手をあげてくれました。

   「手の感覚はあるんですか?」という質問がありました。「幻肢痛」の話をしました。僕は右手がないけど、指の感覚がまだ残っています。切断した右腕の中に指が隠れている感覚。その「指」がずっとビリビリしています。足もそうです。だから、1年365日ずっと、無い手足がしびれています。いろんな薬を試したけど、「これは治るものじゃない、自分の体なんだ」と受け入れて付き合っています。そんな話をしました。

   「なぜ足の長さが違うの?」とも聞かれました。逆に「なんでだと思う?」と考えてもらいました。最初から答えを言うのではなくて、一度考えることで、より興味を持ってくれるんじゃないかと思ったからです。

   いくつか意見を聞いた後で、足の長さが違うのは「切断した場所が違うから」と答えました。僕は交通事故に遭った時、左足は膝を残すことができない状態だったけど、右足は膝の機能が残っていました。だから、足を切断する場所が変わったんです。

   「腕の先はなぜ丸いんですか?」という質問もありました。僕もはっきり分からないけど、切ってもらったらこうなっていたと答えました。

   この体について不思議がって聞いてくれる子が多かったです。僕にとってはめちゃくちゃ嬉しかった。

   冬の寒い中だったけど、半袖・半ズボンの服装で講演しました。それは子どもたちに、この体を見てもらいたいから。そして見慣れてほしいからです。ほぼ全員が、義足で歩く人を見たことがなかったと思います。

   この体を見たら、疑問だらけだと思います。疑問に思ってもらうことが、僕にとっては理解を深めてもらうための第一歩。疑問がなければ、分かってもらうことはなかなかできません。だから気になったことは何でも聞いてほしかったし、実際に声に出して聞いてくれた。それは僕を見てくれていることに繋がります。体についての質問がたくさん出て、本当に良かったなと思いました。

   限られた時間だったけど、「みんな堂々としていればいいんだよ」ということは伝わったんじゃないかな。難しいことじゃないと思っています。大事なのは、人と比べず、自分らしくいること。僕は手足がないことを、自信をもって受け入れています。だからこそ、みんなにこの体を見てもらいたいと思えます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中