2022年 1月 22日 (土)

浦和そっくり?鹿島アントラーズ新ユニが賛否 社長説明「毎回NIKE社と議論しながら進めております」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカーJ1・鹿島アントラーズの新ユニホームが、サポーターの間で議論となっている。

   他チームのデザインに似ているとの指摘が相次ぎ、クラブの社長が釈明する事態となった。

  • 2021 J1リーグ、鹿島対浦和(写真:アフロスポーツ)
    2021 J1リーグ、鹿島対浦和(写真:アフロスポーツ)
  • 2021 J1リーグ、鹿島対浦和(写真:アフロスポーツ)

「革新と挑戦」「歴史と伝統」を融合

   鹿島は12月20日、2022年シーズンの新ユニホームを発表した。

   ホームのデザインは、「革新と挑戦」「歴史と伝統」と相反するコンセプトを表現したという。

「クラブの象徴であるエンブレムの色彩からインスピレーションを得たディープレッドとグレーにダークネイビーのアクセントを加え、これまでにないカラーコンビネーションを採用。デザインはシンプルながら、モダンとクラシックの要素を融合して仕上げた。また、ショーツにはホームユニフォームとしてはクラブ史上初めてとなるグレーを採用。両脇からショーツに繋がるサイドラインにダークネイビーを用いることで全身の印象を引き締めつつ、堅牢な力強さを演出した」(発表文より)

   一方、アウェイはタイトル獲得時に着用してきた「ビクトリーホワイト」を基調に、クラブの「歴史と伝統」と、ともに歩む周辺地域の要素を融合させた幾何学模様をデザインに反映した。

「グラフィックは、鹿島神宮の重要文化財に指定されている『楼門(ろうもん)』の屋根の構造からインスピレーションを得ており、白と同系色のライトグレーでパターンを描くことで奥行きも表現。また、アクセントカラーとしてディープレッドを首回り、袖のリブ、両脇からショーツにかけて繋がるサイドラインに採用している」(同)

   素材にもこだわり、ペットボトルをリサイクルして作られた100%リサイクルポリエステルを使用しているという。低炭素社会に向けた取り組みだ。

   レプリカユニホーム(ホーム)の予約受付は、1月からを予定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中