2022年 1月 28日 (金)

カムカム・岡田結実の役名表記変更に視聴者驚き 過去リリースにはすでに「雉真雪衣」の文字も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2021年12月23日に放送されたNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のオープニングが流れた際、視聴者から「役の表記が雪衣から雉真雪衣に変わっててウワォ!」といった驚きの声が上がった。

   雪衣というのは、俳優の岡田結実さん(21)が作中で演じている人物で、22日まで出演していた上白石萌音さん(23)が演じる1人目の主人公・安子が暮らしていた雉真家の女中。従順に下働きする一方で、時折、出過ぎた態度を見せるなど、視聴者からはキーパーソンと目されていた役どころだ(以下ネタバレあり)。

  • 岡田結実さん(2018年撮影)
    岡田結実さん(2018年撮影)
  • 岡田結実さん(2018年撮影)

「勇ちゃん結局雪衣さんと結婚した」

   ドラマのオープニングにおいて、岡田さんの名前を表記したテロップの上には前日までは「雪衣」としか表記されていなかったが、この日は「雉真雪衣」との役名の表記があった。この日のオープニングが終わると、17日の放送で安子にプロポーズした雉真勇(村上虹郎さん=24)が父の雉真千吉(段田安則さん=64)の葬儀に出かけようとするシーンが始まった。

   勇が居間を訪れると、そこには、テレビドラマに夢中の雪衣の姿。葬儀の直前とは思えない態度の雪衣に対して勇が「雪衣、何のんきにテレビなんか」と呼び捨てで準備を促すと、雪衣はうつろな表情でテレビを眺めながら「支度は全部整うてます」「今日は最終回なんです」と返す。あきれた表情の勇が今度は「のぼる、おめえも」と放つと、居間のテーブルで勉強中の男児は「葬式が始まったら勉強できんから、今、やりよんじゃ」と冷たく言い放ったのだった。

   葬儀に出かけようとする父と、あまり乗り気でない母と息子という「家族」が描かれていたシーンに対し、視聴者からは「勇ちゃん結局雪衣さんと結婚した」といったツイートが続々。他にも、「雪衣さん、大好きな人と結婚出来て跡取りも産んで客観的に見たら勝ち組だけど、気持ちは満たされないままだったんじゃないかなぁ...」と、うつろな表情でテレビを眺める雪衣の気持ちをおもんぱかる声も上がっている。

   なお、これらの声に交じって「この時からネタバレ。雉真雪衣って」としつつ、ドラマについてのネットニュースを引きつつ指摘するツイートも。そこでネット上を調べてみると、2月4日に各メディアが報じた、ドラマに岡田さんが出演することを伝えるリリースの中に、「雉真家の嫁・雉真雪衣役に岡田結実」といった表記があることが分かる。このため、「雉真雪衣の件、放送前の新聞やネットニュースでネタバレされてたんだな......」と、驚く声も上がっている。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中