2022年 1月 29日 (土)

「5分間ずっと泣いてた」 M-1制覇の3日後...錦鯉・長谷川が母と交わした「感動の電話」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   お笑いコンビ「錦鯉」が、2021年12月27日に放送された「M-1グランプリ アナザーストーリー」(テレビ朝日系)に出演した。

   ボケ担当・長谷川雅紀さんがM-1制覇を母に報告するシーンで、涙腺が崩壊する視聴者が続出している。

  • M-1グランプリ公式サイトより
    M-1グランプリ公式サイトより
  • M-1グランプリ公式サイトより

40歳にしてアルバイトとギャンブル漬けの日々

   番組は、4分間の漫才に心血を注いだファイナリストたちに密着し、その葛藤や喜びをおさめたドキュメンタリー。

   「錦鯉」といえば、50歳の長谷川さんと43歳の渡辺さんからなるコンビ。長谷川さんは地元北海道で芸人を志し、当時の相方とともに「M-1」に挑戦するもなかなか結果が出ず、相方の体調不良が原因でコンビを解散。アルバイトとギャンブル漬けの生活のなか、40歳という節目で「辞めどきかな」と思っていたという。

   一方、東京都江戸川区の実家で父と2人で暮らす渡辺さんも、「夕方ぐらいに起きて、タバコとワンカップ酒を買って、近所の河原で知らない中学校の野球部の練習をずっと見てた」「そのチームの最強のスタメン考えた。勝手に」というお笑いとは関係のない生活を送る日々。そんな渡辺さんと長谷川さんが2012年にコンビを結成し、新作ネタを月5本作るなどとにかくまい進。「M-1」優勝への道を拓いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中