2022年 5月 22日 (日)

高梨沙羅が謝罪文に添えた「真っ黒画像」 本人の心情を代弁?「切なくなった」と注目集める

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   女子スキー・ジャンプの高梨沙羅選手(25)が2022年2月8日、インスタグラムに真っ黒な画像を投稿し、「今回、私の男女混合団体戦での失格で日本チーム皆んなのメダルのチャンスを奪ってしまった」などと謝罪した。

   高梨選手は7日の北京五輪混合団体でスーツが規定に違反していたとして、1回目のジャンプが失格となった。

  • 高梨沙羅選手(写真:ロイター/アフロ)
    高梨沙羅選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 高梨沙羅選手のインスタグラムから
    高梨沙羅選手のインスタグラムから
  • 高梨沙羅選手(写真:ロイター/アフロ)
  • 高梨沙羅選手のインスタグラムから

「暗黒謝罪」「真っ黒画面」...メディアも注目

   投稿に対しては「さらちゃんかっこよかったよ」「お願いだからもう謝らないで」といった励ましの言葉が続々と寄せられているが、謝罪文と併せて注目を集めているのが投稿された真っ黒の画像。ネット上では「高梨沙羅ちゃんの投稿が真っ黒+謝罪文に凄く悲しくて切なくなった...」と心配する声も多い。

   真っ黒な画像にはメディアも注目したようで、

「高梨沙羅、インスタに真っ黒な画像『みんなの人生変えてしまった』」(毎日新聞)
「【ジャンプ】高梨沙羅インスタ真っ黒画面で謝罪『大変なことしてしまった』メダル失った責任痛感」(日刊スポーツ)
「高梨沙羅〝暗黒謝罪〟の衝撃! 救済のカギ握る生観戦バッハ会長=ノルウェー紙」(東京スポーツ)

などの見出しで報じられている。

   今回の高梨選手のように、インスタグラムに謝罪文などのメッセージを公開する際に、真っ黒の画像を文章とあわせて投稿する例は少なくない。これについて、ITジャーナリストの井上トシユキ氏はJ-CASTニュースの取材に、

「恐らく、自分の心が真っ暗になっていることの象徴として、今回の画像を出されたのだと思います」

と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中