2022年 5月 27日 (金)

「凍結防止でクール便」本当に有効? 雪国への配送めぐる投稿拡散、大手3社に見解を聞いた

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   荷物の凍結を防ぐため、寒冷地への配送はクール便(冷蔵配送)を用いた方がいい、という話がツイッターで注目を集めている。青果やワインなどを常温配送すると、凍結し、腐ったり割れたりすることがあるのだという。

   本来の用途とは逆にも思えるが、凍結を防ぐためにクール便を用いるのは有効な策なのか。J-CASTニュースは、日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社に取材した。

  • 「凍結防止でクール便」本当に有効?
    「凍結防止でクール便」本当に有効?
  • 「凍結防止でクール便」本当に有効?

常温配送で凍結する可能性はある

   クール便を使った寒冷地への発送が話題となったのは、あるツイッターユーザーの2022年2月8日の投稿がきっかけだ。

   東北にみかんを送ろうとしたところ、集配スタッフからクール便を推奨された、という内容のつぶやきだ。このツイートは14日夕時点で2万4000件のリツイート、12万件を超える「いいね」を集めるなど、大きな注目を集めている。

   投稿には、「お酒もこの時期寒い地方へ送る際はクール便が良いですよ。お酒も寒すぎると凍りますので」「冷蔵庫のほうが温かいからな...」などと共感する声もあった。

   実際、ネット上で調べてみると、ワインや青果などを扱う通販サイトの中には、凍結対策として冬季の北海道や東北地方への配送にクール便を指定する業者もあった。

   冬場の東北や北海道などに常温で配送すると、荷物が凍結する可能性はあるのか。日本郵便は次のよう説明する。

「お預かりしたお荷物をお取り扱いする際、通常扱いとするものについては、温度管理に関して特別なお取り扱いを行っていないため、外気温が著しく低い場合などは、外装等が凍結する可能性はあります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中