2022年 6月 28日 (火)

「名代富士そば」正しい読み方にネット衝撃 「めいだいではありません...」広報明かす命名秘話

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   立ち食いそばチェーン「名代富士そば」が、店名の正しい読み方を公式ツイッターで周知した。

   「めいだい」などと間違われることが多いというが、店名の名代は「なだい」と読む。この事実にネット上では、「初めて知った」などと衝撃が広がっている。投稿の意図や反響への受け止めを運営会社に聞いた。

  • 立ち食いそばチェーン「名代富士そば」(写真提供:ダイタンフード)
    立ち食いそばチェーン「名代富士そば」(写真提供:ダイタンフード)
  • 立ち食いそばチェーン「名代富士そば」(写真提供:ダイタンフード)

「『めいだい』ではありません...」

   ダイタングループが運営する「名代富士そば」は1972年に創業。首都圏に直営116店舗、海外にもフィリピンにフランチャイズ1店舗を展開している。

   店名の「名代」の読み方について、公式ツイッターが2022年3月1日、

「今...名代を『めいだい』と読むあなたの心に...直接...呼びかけています...名代は...『めいだい』ではありません...なだい...『なだい』と読みます...」

などと投稿し、正しくは「なだい」だと訴えた。

   投稿を受けてツイッターでは、「20年くらい利用してて初めて知った...」「な、、なんだって...めいだいじゃなかったのか...」「みょうだいでもなかった...」などと衝撃が広がっている。

   また投稿へのリプライで、ある一般ユーザーが、これまで店名の名代をどう読んでいたかを尋ねる4択のアンケートを実施すると、およそ20時間で1万7000票以上を集めた。

   2日16時の時点では半数以上の票が「めいだい」、3割ほどが「みょうだい」に投じられている。そして6〜7%ほどで「なしろ」と「なだい」が最下位を争っている状態。正しく読んでいたユーザーの方が少数という結果が出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中