2022年 5月 29日 (日)

「100人乗っても大丈夫」イナバ物置CMなぜ誕生? 広報明かす意外な歴史「初めは東北向けでした」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫」というテレビCMでお馴染みの「イナバ物置」。その丈夫さを積雪時に実感した、といった報告ツイートが話題になっている。

   大量の雪が上に積もってもビクともしない物置の写真に、ネット上では「CMは本当だったんですね」などと驚く声が広がっている。メーカーの稲葉製作所(東京都大田区)に受け止めを聞いた。

  • 「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫」(写真提供:稲葉製作所)
    「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫」(写真提供:稲葉製作所)
  • ツイッターユーザー・ヤマト(@photo_by_Yamato)さんの投稿より
    ツイッターユーザー・ヤマト(@photo_by_Yamato)さんの投稿より
  • 「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫」(写真提供:稲葉製作所)
  • ツイッターユーザー・ヤマト(@photo_by_Yamato)さんの投稿より

「イナバはビクともしとらん」

   仙台市のツイッターユーザー・ヤマト(@photo_by_Yamato)さんが2022年2月22日、屋外に並べて設置しているイナバの物置と他社の物置を撮影した写真を投稿した。降り続く雪に物置は埋もれ、屋根には物置の高さ半分ほどの厚みをもった大量の雪が積もっているといった状況だ。

   写真には、2台を比較するように「本来の屋根の高さ」とする赤い線が加筆されている。

   この線を基準にしてみると、他社の物置は少なくとも10センチほど屋根がへこんでいるように見える。一方で、ヤマトさんが「ビクともしとらん」というように、イナバの物置に高さの変化は見られない。

   24日にJ-CASTニュースの取材に答えたヤマトさんによると、イナバ物置は祖父から譲り受けた「年代物」だという。この投稿は3万2000件以上リツイートされ、10万5000件超の「いいね」を集めている。

   イナバ物置といえば、同社の社長と法被を着た関係者らが製品の屋根のうえに集合し、「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫」と訴えるテレビCMで広く知られている。

   そのため、話題になったツイートには「CMは本当だったんですね」「なんで100人乗る必要あるんやろ~って思ってたけど、こういう時のためやったんか!」「さすが!!100人乗っても大丈夫なだけはある」などの反応が多く寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中