2022年 5月 26日 (木)

「ダンジョン」東京駅、南側でも290m東西通路の本体工事着手 再開発中の八重洲、アクセス改善なるか

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   JR東日本は、東京駅の丸の内側と八重洲側を結ぶ南部東西自由通路の本体工事に着手することを2022年3月10日に発表した。東京駅の南側で丸の内側と八重洲側の移動が便利になるこの通路の完成予定時期は2029年頃という。

  • 東京駅の丸の内口と八重洲口を新しく結ぶ通路ができる
    東京駅の丸の内口と八重洲口を新しく結ぶ通路ができる
  • 南部東西自由通路の位置(JR東日本プレスリリースより)
    南部東西自由通路の位置(JR東日本プレスリリースより)
  • 今秋開業予定の東京ミッドタウン八重洲
    今秋開業予定の東京ミッドタウン八重洲
  • 東京ミッドタウン八重洲と駅の位置関係(三井不動産プレスリリースより)
    東京ミッドタウン八重洲と駅の位置関係(三井不動産プレスリリースより)
  • 東京駅の丸の内口と八重洲口を新しく結ぶ通路ができる
  • 南部東西自由通路の位置(JR東日本プレスリリースより)
  • 今秋開業予定の東京ミッドタウン八重洲
  • 東京ミッドタウン八重洲と駅の位置関係(三井不動産プレスリリースより)

丸の内南口と八重洲南口を改札外で連絡

   新しい東西自由通路は丸の内南口の地下広場と八重洲南口をつなぎ、幅員8メートル、総延長約290メートルとなる。中央線から新幹線まで地上だけで10面20線のホームがある東京駅は南北300メートル以上の長さがあるが、改札に入らずに東西を移動するには北側の北自由通路を使うしかなく、南側で丸の内口と八重洲口を行き来するには駅から南下して馬場先通りまで迂回する必要があった。南部東西自由通路が完成すれば、南側の移動時間が大幅に短縮される。

   JR東日本は発表で「東京駅の東西地区の交流や連携を強化し、駅周辺の回遊性の高い歩行者ネットワークの形成を図るため」と工事のねらいを説明している。2029年頃の完成を目指す。

   東京駅南側エリアは丸の内側にJPタワーと丸の内ビル、八重洲側にJR高速バスターミナル・グランルーフ・グラントウキョウサウスタワーなどがある。東西自由通路の完成後はこれらの施設間の移動が便利になりそうで、ネット上では「ダンジョン」と呼ばれるほど複雑な東京駅での移動が改善しそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中