2024年 2月 28日 (水)

「3度見返した」ふるさと納税にまさかの返礼品 博物館級のマムシレプリカ、なぜ出品?狙いを聞いた

   今にも動き出しそうな「ニホンマムシ」のレプリカがふるさと納税に出品されている。体の模様や鱗まで忠実に表現されたリアルな品物だ。年末が近づき「ふるさと納税」への関心が高まる中、SNSでちょっとした話題になった。

   レプリカを出品したのは、鳥取県の自然遺産・大山(だいせん)の魅力を伝えることを目的に結成された「大山ブランド会」。J-CASTニュースは関係者らに出品のねらいを取材した。

  • 今にも動き出しそうな「ニホンマムシ」のレプリカがふるさと納税に
    今にも動き出しそうな「ニホンマムシ」のレプリカがふるさと納税に
  • ニホンマムシのレプリカ
    ニホンマムシのレプリカ
  • ニホンマムシのレプリカ
    ニホンマムシのレプリカ
  • ニホンヒキガエルのレプリカ
    ニホンヒキガエルのレプリカ
  • ニホンヒキガエルのレプリカ
    ニホンヒキガエルのレプリカ
  • ニホンヒキガエルのレプリカ
    ニホンヒキガエルのレプリカ
  • 今にも動き出しそうな「ニホンマムシ」のレプリカがふるさと納税に
  • ニホンマムシのレプリカ
  • ニホンマムシのレプリカ
  • ニホンヒキガエルのレプリカ
  • ニホンヒキガエルのレプリカ
  • ニホンヒキガエルのレプリカ

博物館の展示も手掛ける工房が制作したリアルなレプリカ

   ニホンマムシレプリカは、自然史系博物館の展示物なども手掛けるカエル工房(鳥取県西伯郡)が制作した。鳥取県江府町の返礼品として出品しており、寄付額は73万円。このほかレプリカではニホンヒキガエルも出品しており、米子市や伯耆町などで取り扱われている。

   輸出入業経営者の石武丈嗣さんが「3度見返した」「なんかすごいふるさと納税しているんだね。。。」などとツイッターで紹介したことで注目を集めた。

   出品した「大山ブランド会」は、地元の食品メーカーをはじめとする複数業者が大山の魅力を伝えるために集った団体だ。大山の開山1300年に合わせて結成された。ふるさと納税での販売は米子髙島屋が手掛けている。同店の担当者によれば、取り扱いを始めたのは2018年から19年ごろだったという。

「地域の魅力を発信するために、イベントの開催やギフト商材の開発を行う中で、ふるさと納税にも着目しました。いろいろな企業様にお声がけさせていただき、主に食料品を扱っています。ふるさと納税としては当時まだ珍しかった面白ユニークなグッズも展開したいと考え、大山のふもとに店を構えるカエル工房様のグッズをピックアップさせていただきました」

   カエル工房の桶本溝さんは、取材に対し次のように出品のねらいを説明する。

「大山周辺は大変自然が豊かで、生き物や植物の種類も豊富ですので本物そっくりの生き物のレプリカを出品することによって、より生き物に興味を持っていただけたらと思っております」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中