2024年 4月 13日 (土)

ノイズだらけの広告→赤シートかざすと粋な演出 飲料メーカーが受験生応援、「かなりの試行重ねた」担当者の思い

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京・渋谷駅と池袋駅に掲示中の「受験生にしか見えない」広告がSNS上で話題になっている。

   デジタルサイネージ(電子看板)には、まるで壊れたテレビ画面のようなブロックノイズが映し出されている。しかし暗記学習などで用いる「赤シート」を通して見ると、サントリー食品のエナジードリンクブランド「ZONe ENERGY(ゾーン エナジー)」による応援メッセージが浮かび上がる。

   企画担当者は2022年12月7日、取材に対し、文字の見え方を調整するために何度も試行を重ねたと明かす。

  • 赤シートで「受験生にしか見えないメッセージ」が浮かび上がる
    赤シートで「受験生にしか見えないメッセージ」が浮かび上がる
  • 「ZONe ENERGY(ゾーン エナジー)」による応援メッセージ
    「ZONe ENERGY(ゾーン エナジー)」による応援メッセージ
  • 壊れたテレビ画面のようなブロックノイズが映し出されている
    壊れたテレビ画面のようなブロックノイズが映し出されている
  • まるで駅中の広告が壊れてしまったような雰囲気を放つ
    まるで駅中の広告が壊れてしまったような雰囲気を放つ
  • 赤シートで「受験生にしか見えないメッセージ」が浮かび上がる
  • 「ZONe ENERGY(ゾーン エナジー)」による応援メッセージ
  • 壊れたテレビ画面のようなブロックノイズが映し出されている
  • まるで駅中の広告が壊れてしまったような雰囲気を放つ

「赤シート、可能性の塊すぎる」

   多くの大学受験生は、11日に年内最後の大学受験用模擬試験、約1か月後には大学共通試験を控えている。ZONeは5日から11日にかけて、移動時間にも赤シートを用いて追い込み勉強を続ける受験生を応援したいと、大手予備校が集う両駅にメッセージ広告を掲出した。

   ツイッターでは、広告に携わった人気クリエイター・もにゃゐずみさんが次のように紹介した。

「"赤シート"の性質を駅ビジョンに転用してみた結果、駅中がこんなんなってます......。
赤シート、可能性の塊すぎる」

   ツイートに添えられた動画には、デジタルサイネージが並ぶ駅構内の様子が映されている。その全ての液晶画面でブロックノイズがちらついており、まるで駅中の広告が壊れてしまったような雰囲気を放つ。そのうちの1つに半透明の赤シートをかざすと、「これを見ている君に幸あれ」などの応援メッセージがくっきりと浮かび上がる。

   ツイートには「こういう仕掛け大好き」「良いところに目をつけたなぁ」などと感心する声が寄せられ、約1万3000件を超えるリツイート、4万9000件を超える「いいね」が寄せられる大きな反響があった。

   赤シートを持っていない受験生や受験生ではない一般の人々に向けては5日、渋谷駅周辺で赤シート4000枚とサンプル商品「ZONe ENERGY」5800缶の配布が行われた。サンプルを受け取ったとするユーザーからも驚きの声があがっている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中