2024年 4月 18日 (木)

玄関に訪れたのは「手ぶらの配達員」 親に子供の不在を確認、届けたのは「プレゼント」だった

   「いま大丈夫ですか?」――12月の夜、荷物を持たない手ぶらの配達員がやってきた。近くに子供がいないことを確認すると、車に残してきたクリスマスプレゼントを運んできたという。この気配りがまるでサンタクロースのようだと大きな注目を集めている。

   J-CASTニュースは、このエピソードを紹介したツイッターユーザーのOggi(@Oggi_Kenkou)さんと配達を担当した佐川急便に取材した。

  • 荷物を頼んだはずが、何も持たない配達員がいた
    荷物を頼んだはずが、何も持たない配達員がいた
  • 荷物を頼んだはずが、何も持たない配達員がいた

荷物を頼んだはずが、何も持たない配達員がいた

   Oggiさんは2022年12月7日、「手ぶらで玄関に来た佐川の配達員さん」のエピソードを紹介した。子供に気づかれないようプレゼントを届けに来たことに、「あなたがサンタだったか...」と感銘を受けたという。取材に対しOggiさんは、次のように経緯を振り返る。

   19時ごろ、玄関のインターホンが鳴った。周囲が暗かったため相手の様子はよく見えなかったが、通販サイトでの注文に心当たりのあったOggiさんは、佐川急便の配達員であることを確認して玄関に出た。

   しかし扉を開くと、何も持っていない配達員がいた。別の要件かと訝しんでいると、配達員は小声で次のように尋ねてきた。

「荷物はおもちゃなんですけど梱包が透けてて。時期的にアレですよね。お子さんに見つかったらまずいと思って。いま大丈夫ですか?」

   Oggiさんが注文していたのは、小学校低学年の子供のためのクリスマスプレゼントだった。中身が見える状態で送られてきたため、配達員は近くに子供がいないか気にしていた。Oggiさんが「大丈夫」と答えると、配達員は急いで車から荷物を運び出し、こっそりと受け渡してくれたという。

   このエピソードにツイッターでは「こころがあったかくなるお話」「なんて素敵な配達員さん」などと称賛する声が寄せられ、紹介する投稿には5万8000件のリツイート、44万8000件を超える「いいね」が寄せられた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中