2024年 5月 30日 (木)

「美人すぎる市議」って文法的に変? 「○○すぎる」濫用問題、辞書編纂者に聞くと意外な答えが返ってきた

   2023年2月1日に放送されたバラエティー番組「ノブナカなんなん?」(テレビ朝日系)で、青森県八戸市の藤川優里市議(42)が特集された。

   番組では「平成を彩ったあの伝説美女5人は今?」と銘打った企画を放送。藤川氏は「16年前、『美人すぎる市議』として一躍時の人となった」とVTRで紹介された。藤川氏は2007年に初当選した際に「美人すぎる市議」という表現でメディアに盛んに取り上げられた経緯がある。

  • 橋本環奈さん(2020年撮影)
    橋本環奈さん(2020年撮影)
  • 藤川優里氏(写真:アフロ)
    藤川優里氏(写真:アフロ)
  • 橋本環奈さん(2020年撮影)
  • 藤川優里氏(写真:アフロ)

「昔はこんな使い方なかったはず」

   「○○すぎる」というフレーズは藤川氏以外の人物にも頻繁に使われる。俳優の橋本環奈さん(24)を例に取れば、かつて「天使すぎるアイドル」と呼ばれ、メディアで耳にする機会が少なくなかった。

   ただ、「○○すぎる」という表現をめぐっては以前から、

「昔はこんな使い方なかったはず。『~すぎる』は本来、動詞とか形容詞につくものだったような」
「メディアが時々使う『美人すぎる...』という形容詞が気持ち悪いというか,許容不可」

といった具合に、そもそも文法的に間違っているのではないかとする指摘もSNSでは多い。

   J-CASTニュース編集部は2日、「○○すぎる」に違和感を覚える人が後を絶たない理由について、国語辞典編纂(へんさん)者の飯間浩明氏に解説を求めた。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中