中古ぬいぐるみ「救出」重ね...今や200匹以上に! ポケモン「マリル」集めて25年、話題のファンに聞く思い

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「ポケットモンスター」に登場する青いポケモン「マリル」のぬいぐるみが、フリマサイトに出品されていると「見るたびに救出したいと思ってしまう」──。

   切実な文章とともに、おびただしい数のぬいぐるみを映した写真がツイッターに投稿され、「ポケモン愛がすごく伝わる」などと注目を集めている。投稿者に詳しい話を聞いた。

  • ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さんの投稿より
    ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さんの投稿より
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
    写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
    写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
    写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
    写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
  • ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さんの投稿より
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん
  • 写真提供:ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さん

「泣く泣く処分します」と言われると...

   話題となっているのは、ツイッターユーザー・アコマリる(@acomaril)さんによる2023年4月22日の投稿だ。「メルカリに漂う ポケモンのぬいぐるみを見るたびに 救出したいと思ってしまう」と切り出し、次のように伝えている。

「大切にしていましたが引っ越しのため 泣く泣く処分しますとか いう文面をみると ま、待ってくれ!なんてことをするんだ!頼む!お迎えさせてくれ! となってしまい今にいたる」

   添付写真は画面いっぱいに、少なくとも80体以上の大小さまざまなマリルのぬいぐるみが映っている。青いボディで腹は白く、尻尾や耳、体の丸さが特徴的だ。

   投稿は6900件以上のリツイートや4万7000件超の「いいね」を集め、「ポケモン愛がすごく伝わる」「私も処分しますっていう文面見ると可哀想で買っちゃうけどここまでは中々集められない」「壮観だ?かわいい」といった声があがっている。

   投稿についてアコマリるさんは27日、「ポケモンのぬいぐるみがいろんな人に大事にされてほしいという思い」で、処分という言葉を見ると「それならぜひうちに!」と引き取りたくなるのだとJ-CASTニュースの取材に説明した。

   マリルを大好きになったきっかけは、子供のころに見た1998年公開の短編映画「ピカチュウのなつやすみ」。初めて動くマリルを見て、一目惚れした。「自分はマリルという存在を好きになるために生まれてきたんだという想いが脳に降りてきました」と振り返る。

姉妹サイト