2024年 2月 26日 (月)

AKB48からも「認めていただけていなかった」チーム8 「たくさんもがきました」活動9年でセンター続々輩出

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   47都道府県からメンバーを1人ずつ集めたAKB48の「チーム8」が2023年4月30日、横浜市内でコンサートを開いた。チーム8は22年10月、このコンサートと4月6日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた「チーム8 9周年公演」をもって活動を休止することを発表しており、チームにとって大きな節目を迎えた。

   チーム8は14年、トヨタ自動車の支援を受けて発足。AKB48の他のチーム(A、K、B、4)と離れた独自の活動も多く、東京都代表の小栗有以さん(21)は終盤のあいさつで、AKB48の中でも「なかなかチーム8って認めていただけなくて...」と、かつての不遇ぶりに言及する場面もあった。ただ、最近のAKB48のシングル曲ではチーム8出身者は「一大勢力」で、センターポジションを務めることも多い。いみじくも、16年に出版されたAKB48の「公式10年史」では、20年にはチーム8メンバーが「AKB48のセンターや看板メンバーになっている可能性が高い」と指摘していた。この「予言」を的中させた上での大団円だ。

  • チーム8コンサートの終盤であいさつする小栗有以さん(中央)。AKB48の中でも「なかなかチーム8って認めていただけなくて…」などと話す場面もあった
    チーム8コンサートの終盤であいさつする小栗有以さん(中央)。AKB48の中でも「なかなかチーム8って認めていただけなくて…」などと話す場面もあった
  • 終盤に代表曲「47の素敵な街へ」を披露。チーム8のポースで締めくくった
    終盤に代表曲「47の素敵な街へ」を披露。チーム8のポースで締めくくった
  • 4月29日のAKB48のコンサートで披露された最新シングル「どうしても君が好きだ」。16人いる選抜メンバーのうち6人をチーム8出身者が占める。センターはチーム8栃木県代表の本田仁美さん
    4月29日のAKB48のコンサートで披露された最新シングル「どうしても君が好きだ」。16人いる選抜メンバーのうち6人をチーム8出身者が占める。センターはチーム8栃木県代表の本田仁美さん
  • AKB48ではチーム制とキャプテン制の休止が発表された
    AKB48ではチーム制とキャプテン制の休止が発表された
  • チーム制とキャプテン制の休止が発表され、ステージ上でも困惑が広がった
    チーム制とキャプテン制の休止が発表され、ステージ上でも困惑が広がった
  • チーム8コンサートの終盤であいさつする小栗有以さん(中央)。AKB48の中でも「なかなかチーム8って認めていただけなくて…」などと話す場面もあった
  • 終盤に代表曲「47の素敵な街へ」を披露。チーム8のポースで締めくくった
  • 4月29日のAKB48のコンサートで披露された最新シングル「どうしても君が好きだ」。16人いる選抜メンバーのうち6人をチーム8出身者が占める。センターはチーム8栃木県代表の本田仁美さん
  • AKB48ではチーム制とキャプテン制の休止が発表された
  • チーム制とキャプテン制の休止が発表され、ステージ上でも困惑が広がった

「リクアワ」で恒例化したトップ争い

   チーム8は、AKB48の「会いに行けるアイドル」とは逆の「会いに行くアイドル」がコンセプト。オーディションを47都道府県で行って「代表」を選び、イベントやコンサートで全国を多く回ることで、従来のAKB48と差別化した。チーム8のファンは「エイター」と呼ばれ、特に熱量が高いことでも知られる。20年まで行われていた、楽曲に投票してランキング形式で発表するコンサート「リクエストアワー」では、チーム8の代表曲「47の素敵な街へ」がトップ争いを演じるのが恒例で、19年には1位を獲得した。

   ただ、独自路線に当初はメンバーが苦悩していたのも事実だ。この日のコンサートは昼夜2公演が行われ、夜公演終盤に「47の素敵な街へ」を披露した直後に小栗さんがあいさつ。涙ぐみながら次のように述懐した。

「楽しいこととか、うれしいこととか...悔しいこととか、苦しいこととか全部チーム8メンバーはみんなでともに共有してきました。最初はAKB48の中で、なかなかチーム8って認めていただけなくて...。みんなで、スタッフのみなさんとチーム8メンバーとで、たくさんもがきました」

   チーム8の全メンバーは、18年4月の「組閣」と呼ばれるチーム再編成で、AKB48の既存チームと兼任する体制に移行。これを機に、チーム8出身者のグループ内での存在感も高まった。小栗さんがAKB48のシングル曲「Teacher Teacher」(18年5月発売)でセンターを務めたのに続いて、「元カレです」(22年5月発売)では栃木県代表の本田仁美さん(21)をセンターに抜てき。本田さんは日韓合同ユニットIZ*ONE(アイズワン)の2年半にわたる活動を経てAKB48に復帰したばかりで、K-POP仕込みのダンスも話題になった。最新曲「どうしても君が好きだ」(23年4月発売)でも本田さんがセンターを務め、16人いる選抜メンバーのうち6人をチーム8出身者が占める。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中