2024年 3月 2日 (土)

キッコーマン「ヘルシーお好み焼き風レシピ」に10万いいね 意外な材料、発想のきっかけは「紀文食品」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   珍しい材料を用いた「お好み焼き風」レシピがツイッターで注目を集めている。小麦粉の代わりにはんぺんを用いるという。キッコーマンがツイッターで紹介すると2万件を超えるリツイート、10万件を超える「いいね」が寄せられるなど大きな反響があった。

   取材に対し、キッコーマンの広報担当者は2023年5月12日、他社のツイートを参考に開発したレシピだと明かす。

  • はんぺんでつくる ふわふわお好み焼き風(写真:キッコーマン提供)
    はんぺんでつくる ふわふわお好み焼き風(写真:キッコーマン提供)
  • はんぺんをよく揉みつぶす(写真:キッコーマン提供)
    はんぺんをよく揉みつぶす(写真:キッコーマン提供)
  • キャベツなどと混ぜ合わせる(写真:キッコーマン提供)
    キャベツなどと混ぜ合わせる(写真:キッコーマン提供)
  • 焼いたら本だしをかける(写真:キッコーマン提供)
    焼いたら本だしをかける(写真:キッコーマン提供)
  • はんぺんでつくる ふわふわお好み焼き風(写真:キッコーマン提供)
  • はんぺんをよく揉みつぶす(写真:キッコーマン提供)
  • キャベツなどと混ぜ合わせる(写真:キッコーマン提供)
  • 焼いたら本だしをかける(写真:キッコーマン提供)

ヘルシーなのに食べ応えアリ、社内でも評判のレシピ

   キッコーマンは10日、公式ツイッターアカウントで、レシピを紹介した。

「粉を一切使わずヘルシーなのに、満足感がすごいお好み焼き風が簡単に作れます... 味つけはあえてソースではなく本つゆで。だしが効いててめちゃくちゃおいしいです」

   公式サイトに掲載のレシピによれば、ポリ袋にいれて手で揉みつぶしたはんぺんと、刻みキャベツ、チーズ、卵を混ぜ合わせて焼く。焼きあがったら本つゆを回しかけ、器に盛り付ける。好みでマヨネーズや紅ショウガ、かつお節、青のりをかけて完成だ。

   見た目はほとんどお好み焼きだが、1人分で約260キロカロリーだという。はんぺんが入っている袋を用いれば、手を汚さず、洗い物も減らすことができる。はんぺんは、全体が均一になるようよくもみこんでなじませることがポイント。

   取材に対しキッコーマンの広報担当者は、「簡単でヘルシーなのに食べ応えがある点と、ふわっとした食感が、社内で評判」だと述べる。同社の「濃いだし 本つゆ」を用いることではんぺんのヘルシーな味わいが生きるとしている。手軽な食材で簡単に作ることができることもポイントだ。

   レシピを開発した背景は、次のように説明する。

「ツイッターで紀文食品様がはんぺんを袋の上からつぶして料理に展開する、というレシピを投稿されていたのを拝見したのがきっかけで、メニュー開発をしました」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中