2024年 6月 17日 (月)

「銅、どう?」とカッパが問いかけ...ダジャレ広告にSNS注目 「センスの塊」「化学苦手だったけどこれには笑う」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「銅、どう?」――こんな問いを投げかける、河童のキャラクターの描かれた広告が、SNSで「洒落てる」「知的だな」などと話題になった。広告はシンプルで、河童と台詞の他は企業名など最小限の情報しか記されていない。SNSで注目を集めたのは、キャラクターの名前の由来だった。

  • 題になった河童の広告「銅、どう?」
    題になった河童の広告「銅、どう?」
  • 水戸駅北口で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
    水戸駅北口で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 水戸ホーリーホックスタジアム広告で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
    水戸ホーリーホックスタジアム広告で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 鹿島臨海鉄道で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
    鹿島臨海鉄道で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 社内の広報部門が考案したカッパー君(写真:JX金属提供)
    社内の広報部門が考案したカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 思いのほか好評だったカッパー君(写真:JX金属提供)
    思いのほか好評だったカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 題になった河童の広告「銅、どう?」
  • 水戸駅北口で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 水戸ホーリーホックスタジアム広告で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 鹿島臨海鉄道で活躍するカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 社内の広報部門が考案したカッパー君(写真:JX金属提供)
  • 思いのほか好評だったカッパー君(写真:JX金属提供)

「Cu!気づかなくてごめん」

   広告を掲出したのは、非鉄金属大手のJX金属(東京都港区)だ。広告に描かれた河童は赤褐色。頭のお皿だけ緑色だ。白背景の広告で顔だけをのぞかせている。

   化学系インフルエンサーの元素学たんさんが2023年5月18日、ツイッターで2回にわたって言及したことで大きな注目を集めた。元素学たんさんは、駅で撮影した広告に対し「どうって言われても...」とコメントした後、自らのツイートを引用したうえでこう述べた。

「みんな『銅、どう?』の破壊力に気を取られてこいつがカッパ(Copper)であることに気付かないのであった」

   広告に描かれていたのは、JX金属のPR大使を務める「カッパー君」。名前は銅を表す英単語「copper(カッパー)」に由来する。

   カッパー君の名前の由来に言及した元素学たんさんのツイートは22日17時までに1万4000件を超えるリツイート、3万7000件を超える「いいね」が寄せられるなど大きな反響があった。由来を理解したツイッターユーザーの間では面白がる声が広がった。

「これはマジでセンスの塊」
「化学苦手だったけどこれには笑う」
「Cu!気づかなくてごめん」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中