2024年 5月 22日 (水)

高知で「カツオのたたき」注文して仰天 大量のニンニク?!地元流の食べ方を市役所に聞いた

   高知県の飲食店でカツオのたたきを注文すると、ニンニクなど大量の薬味がのった状態で提供されると、SNSでちょっとした話題になっている。

   J-CASTニュースは2023年5月26日、高知市観光魅力創造課に地元流の食べ方を取材した。

  • カツオの塩たたき
    カツオの塩たたき
  • カツオの塩たたき

「地元の皆様はこれ食べ切るんですか......?」

   発端は25日、「野食ハンター」として活動するブロガー・茸本朗さんがツイッターで言及したことだった。添付した写真には多量のスライスニンニクやわさびが映っていた。

「高知でカツオのたたき頼むと必ずニンニクが食べ切れない量出てくるんだけど、地元の皆様はこれ食べ切るんですか......?」

   投稿が拡散されると、ツイッターでは「たたきは薬味がメインデリッシュ」「ニンニクの少ない/無いたたきなんて有り得んでしょ」といった声があがった。

   取材に応じた高知市観光魅力創造課の女性職員は、高知では多様な薬味を用いると説明する。

「薬味はニンニク、みょうが、ねぎ、スライス玉ねぎを用いることが多いです。カツオの下にスライス玉ねぎを敷き詰めるように提供するお店もあります。
柚子の生産量が日本一ですので、柚子ポン酢も多く用いられます。柚子ポン酢と、塩たたきがポピュラーな食べ方だと思います」

   高知県は全国一のカツオの消費量を誇り、食べ方も様々だ。薬味をたくさんのせたカツオのタタキは、高知の代表的料理の一つと市の公式サイトでも紹介している。焼いたカツオが温かいうちに塩をまぶして食べる「塩たたき」も人気だという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中