2024年 2月 29日 (木)

「人はなぜワクチン反対派になるのか」東大教授らが分析 ネット大反響、交錯する賛否

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   コロナ禍の中でのワクチンに関するX投稿を分析して、ワクチン反対派(通称・反ワク)になるきっかけを明らかにした東大教授らの研究発表が、X上などで大きな反響を集めている。

   ネット炎上などを分析したヤフーニュース・オーサー投稿でも知られる東京大学大学院工学系研究科の鳥海不二夫教授(計算社会科学)ら4人の研究グループが2024年2月5日に同研究科サイトなどで発表した。

  • 東京大学
    東京大学
  • 東京大学

「陰謀論やスピリチュアリティなどへの関心がきっかけ」

   「人はなぜワクチン反対派になるのか ―コロナ禍におけるワクチンツイートの分析―」。こんなタイトルでプレスリリースが出ており、それによると、2021年1~12月に「ワクチン」を含む約1億件のX投稿を集め、機械学習を利用して新たにワクチン反対派になる人などの特徴を明らかにした。

   ワクチン反対派については、ワクチンに反対する投稿やリポストをしているアカウントを特定し、そのアカウントを多くフォローしているユーザーとして定義した。

   分析の結果、ワクチン反対派は賛成派と比べて政治的関心が強いことが分かった。また、コロナ禍の前から反対派であったユーザーはリベラル政党とのつながりが強い傾向を示し、一方で、コロナ禍から反対派になったユーザーは政治的傾向が弱く、陰謀論やスピリチュアリティ、自然派食品や代替医療に傾倒していた。例えば、「集団ストーキング」「テクノロジー犯罪」「波動」「宇宙」「スピリチュアル」「柔軟剤」などの表現を使うことが多かったという。

   分析では、新たに反対派になったユーザーは、陰謀論などへの関心がきっかけで反ワクチンに目覚めていったことを示した。そして、22年3~9月に反ワクチンを掲げる参政党のアカウントをフォローする率が急上昇したとして、こうした同党への支持が、同年の参院選における議席獲得に貢献した可能性も指摘した。

「十把一絡げにレッテルを貼った」の反発も

   分析では、今後の展望として、「将来的なパンデミックにおける公衆衛生の維持のためには、陰謀論やスピリチュアリティが反ワクチン的態度の拡散につながらないように、その連関を断つような方法論が求められるだろう」と提言した。

   なお、「本研究はツイートの観察的研究であり、因果効果について厳密な検証はできていない。この点については実験や社会調査を組み合わせた分析が必要となる」とも付け加えている。

   この発表は、X上などで注目を集め、様々な意見が寄せられている。

   「これは興味深いですね」「ツイートを見てきたここ数年の印象とほぼ合致してくる感じ」「この分析を生かしてSNSデマ拡散防止に繋げてほしい」と共感する声が出た。ワクチン賛成派は、主にゲームやアニメなど私的な趣味への関心が強いとされたことについて、「確かにアニメ、ゲーム垢でそういう人見たことない」「ウマ娘やってる人は反ワクチン派にはなりにくいらしい」などと書き込まれた。

   一方で、「面白いけど荒れそう」「都合良くレッテル貼りや対立煽りに利用されそうだ」と懸念する声も一部であった。「十把一絡げにレッテルを貼って共通の敵のように仕向ける動き」「東大ってこんな無駄なことにお金使ってんの?」といった反発も出ていた。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中