秋のヘッドフォン祭開催!
Just ear最新機種や自作コンテストも!

自作のヘッドホンやイヤホンのコンテストも!

    今回のヘッドフォン祭では、新しい試みとしてフォスター電機主催による、「イヤフォン/ヘッドフォン自作コンテスト」が開かれた。これは、音響機器・部品メーカーである、フォスター電機が今年の春から秋にかけて、コンテスト用に販売した部品を使って、イヤホンやヘッドホンを自作するというもの。
    会場では最終選考に残った作品や特別賞の作品が試聴でき、中には高校生が応募したヘッドホンも展示され、ユニークなデザインや、自作とは思えない高音質を楽しむお客さんが多かった。

予想以上の反響があり、世界中から135名、43個の完成品がフォスター電機に届けられた。一個ずつ音の特性を調べ、多くの社員が慎重に賞の選定をしたという。
予想以上の反響があり、世界中から135名、43個の完成品がフォスター電機に届けられた。一個ずつ音の特性を調べ、多くの社員が慎重に賞の選定をしたという。

高校生である、のんちゃそ氏製作の自作ヘッドホン「Doris」。見た目は手作り感にあふれるが、音質は良好。夏休みの宿題をないがしろにして作られたという。
高校生である、のんちゃそ氏製作の自作ヘッドホン「Doris」。見た目は手作り感にあふれるが、音質は良好。夏休みの宿題をないがしろにして作られたという。

それぞれの作品を試聴した来場者からの投票で会場賞が決められた。
それぞれの作品を試聴した来場者からの投票で会場賞が決められた。

    スマホの普及とともに毎日のように使われるようになったイヤホンやヘッドホン。「ヘッドフォン祭」では、たとえばイヤホンのイヤーチップの交換だけでも音質向上や、遮音性が高まることを知ることができ、少しのこだわりで、音楽のある暮らしがより面白くなることを体感できる。
    次回の「ヘッドフォン祭」は2020年4月25(土)、26日(日)の開催予定。ぜひ足を運んでみて欲しい。





製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら