音楽ライター・柴 那典さん 2020年 日本の音楽シーンは「東京五輪後」の動向に注目

justear_20200110173646.jpg
柴さんは、著書「ヒットの崩壊」「渋谷音楽図鑑」で知られ、数多くの人気アーティストやバンドの取材に携わってきた人物だ。

   今年は東京オリンピック・パラリンピックの開催や人気アイドルグループ・嵐の活動休止を控え、音楽業界でも大きな動きが予想される。J-CASTトレンドでは柴さんに、2010年代の音楽シーンの振り返ってもらうとともに、2020年のヒット予想を聞いた。(聞き手はJ-CASTトレンド編集部・佐藤庄之介)

ヒットの指標は「ミリオン」から「ビリオン」へ

―――2020年のヒット予想の前に、日本の音楽シーンとヒット曲を考えるうえで2010年代とはどんな時代だったのか、ご意見を聞かせてください。

 「ヒットの基準」が変わった時代と言えます。2010年代前半まで、「日本では100万枚、海外では1000万枚」などCDの売り上げが基準になり、「枚」という単位でヒットの度合いが測られていました。それが、ここ数年はサブスクリプション(定額配信)のストリーミングサービスや動画サイトの普及で、作品の再生回数を表す「回」という単位に変わってきたのです。
1990年代はCDの「ミリオンヒット」が、ヒットの分かりやすいキーワードでした。一方、2018年はあいみょんの「マリーゴールド」、19年はOfficial髭男dismの「Pretender」がヒットしましたが、いずれの作品もストリーミングでの再生回数が1億回を超えています。ヒットの指標は「ミリオン(100万)ヒット」から「ビリオン(10億)ヒット」に変わったのです。

―――19年12月、米津玄師の楽曲「Lemon」(2018年)のユーチューブ(YouTube)での再生回数が5億回を超え、話題になりました。YouTubeの存在は10年代の音楽シーンとヒット曲にどのような影響を与えたのでしょうか。

 YouTubeが音楽において大きな役割と存在感を持ち始めたというのは、10年代を通じた大きなトピックです。背景にあるのは、00年代後半から、アーティストのミュージックビデオが無許諾ではなく、公式チャンネルを通じてアップロードされるようになったこと。「コンテンツID」という仕組みも導入され、第三者が楽曲を使ったビデオを投稿した際に、音源の著作権者がブロックするかビデオの再生回数に応じて収益化するかを選択できるようになったことです。これにより、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」(2013年)など、一般人がダンス動画を投稿する「踊ってみた」系のバイラルヒット(ネット上で拡散するようなヒット)が生まれるようになりました。

―――2016年にはスウェーデンのストリーミングサービス「スポティファイ(Spotify)」が日本に上陸しました。ストリーミングサービスは日本のリスナーに受け入れられたのでしょうか。

 2016年頃はストリーミングに音源を提供している国内の人気アーティストが少なく、利用者は海外のポップミュージックを追っている層が中心だったと思います。風向きが変わったと感じたのは2018年5月。Mr.Childrenのストリーミング配信解禁です。ミスチルだけでなく、ここ1~2年で宇多田ヒカルや嵐、L'Arc~en~Cielやサザンオールスターズなど国内の大物アーティストがストリーミングに乗り出す例が増え、J-POP全般を聴く人たちにもサービスが普及し始めたと言えます。そしてここ2~3年は、DAOKO×米津玄師の「打上花火」(17年)、あいみょんの「マリーゴールド」(18年)、Official髭男dismの「Pretender」(19年)のように、サビが流れれば、ある程度「ああ、この曲ね」とイメージができる曲がストリーミングでヒットしました。
製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら