子どもの頃からの夢を現実にした春奈るな。
アニソンを自分らしく歌えるのは
アニオタだからこそ

justear_20200727165219.jpg

   2012年のメジャーデビュー以来、「Fate/Zero」「ソードアート・オンライン」「冴えない彼女の育てかた」「〈物語〉シリーズ」「パズドラ」など、人気のアニメ作品のテーマソングの数々を歌ってきた春奈るな。そんな名うてのアニソンシンガーにして、ファッションモデル、さらには無類のアニメ・ゲームマニアとしても知られる彼女が今愛用しているイヤホンがソニーのテーラーメイドイヤホンJust earだ。

   さまざまなオタクコンテンツを貪欲に摂取し、また自らもクリエイター・表現者として活躍する春奈るなのこれまでと、新型コロナ禍に見舞われた現在の活動について、彼女と彼女の音楽について迫った。

自粛期間の支えはネットでの活動

   ――春奈さんは昨年、ジャジーな『ルパとアリエス』とゴシックテイストの『回転木馬』というデジタルシングルと、アニメ「冴えない彼女の育てかた」(「冴えカノ」)シリーズのコンセプトアルバム『glory days』を発表するなど、かなり野心的な活動をなさっていました。

   はい。

   ――で、今年3月にはシングル『PEACE!!!』をリリースして、6月にはホールワンマンライブ『春奈るな LIVE 2020 "Infinite Luna-Jyu"』の開催を予定していました。

   なのに新型コロナで......。

   ――『PEACE!!!』のリリースイベントやワンマンライブは軒並み中止になりました。この春の自粛期間ってなにをなさっていました?

   基本的には「あつまれ どうぶつの森」を何かに取り憑かれたようにやっていました(笑)。4月に買ったんですけど、すでにプレイ時間が500時間を超えてますから。あとはInstagramでライブ配信をやったりとか......。

   ――Twitterではファンにリプライを返す「リプ返祭り」を開いたりもしてますよね?

   いわゆる「おうち時間」は意外と楽しいんですよね。私みたいなオタクにとって、自宅でできることはたくさんあるんだとあらためて知ることができました。ネットもそうだし、アニメを観るのもそうだし、ゲームをやるのもそうですし。「オタクでよかったぁ」って痛感しました(笑)。

justear_20200727171711.jpg

   ――歌えない、ファンに会えないことがストレスになったりは?

   正直な話「これからライブの形はどうなるんだろう?」「いつになったら前みたいな活動ができるんだろう?」って焦りもしたし、これまでどれだけ恵まれた環境にいたのかも実感させられました。そのストレスや寂しさを解消する、精神的な助けとしてネットがあったのかもしれないですね。ファンのみんなとSNSではつながることができたから。YouTubeに歌っている動画『PEACE!!!』(Live EDIT)をアップしているのにもそういう理由がありますし。

   ――バンドの人たちがそれぞれリモートで演奏している様子と、春奈さんが歌っている姿をミックスした、かなり凝った映像を公開していますけど、その映像しかり、インスタライブしかり、春奈さんの提案で始まった企画なんですか?

   もともとは、ワンマンライブに向けてバンドメンバーと一緒にSNSで盛り上げていけたら、と話していたんです。そうこうしているうちにライブが中止に決まって、せめてライブの代わりにと動画を撮りました。インスタライブは、渋谷PARCOにあるセレクトショップ「fraisier」さんと私のコラボTシャツを紹介するために初めてやってみました。「そういうツールがあることだし、もっとやってみたらいいのかな?」と思って本格的に取り組むようになりました。

製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら