今だからこそ聴きたい、
夏アニメ主題歌(前篇)

「陰キャのカリスマ」ニノミヤユイ、初シングルは「闇落ち版『もってけ!セーラーふく』」

justear_20200831103749.jpg

   声優・二ノ宮ゆいとしても活動する、ニノミヤユイの1stシングル曲『つらぬいて憂鬱』は、自身も出演する『ピーター・グリルと賢者の時間』のオープニングテーマ。作曲・編曲をTom-H(編曲は共作)、作詞をTom-H・TaWaRa所属のクリエイター・hotaruが手がけている。

   2020年1月"陰キャのカリスマ"なるキャッチコピーを引っ提げてアーティストデビューしたニノミヤ。彼女は同月発表のデビューアルバム『愛とか感情』において、欅坂46「サイレントマジョリティー」などで知られるバグベアや、湘南乃風・若旦那こと新羅慎二、氏原ワタル(DOES)、佐藤純一(fhána)ら豪華作家陣と、"陰キャのカリスマ"たる自らの内面をとことん見つめる極私的な楽曲群を作り上げ、話題を呼んだ。収録曲は『呪いを背負って生きたいよ』『光なくても』『あどけなさも私の武器にする』などなど。18歳の人気女性声優のものと考えると著しくブライトネスに欠く気はするものの、なんとも刺激的なタイトルが並ぶ。

   その彼女が、『けいおん!』シリーズの一連の楽曲を代表作に持つTom-H、なにが生まれたか? 答えはTom-H「闇落ち版『もってけ!セーラーふく』」だった。

『もってけ!セーラーふく』は、神前暁(MONACA)が作編曲したアニメ『らき☆すた』のオープニングテーマ。ド派手なスラップベースから始まるファンク・ディスコトラックに、出演声優陣による言葉遊びに徹したラブリーなボーカルが乗る1曲で、2007年のリリースから13年経った今なお、界隈のキラーチューンとして愛されている。

   対する『つらぬいて憂鬱』は、レコードのスクラッチノイズとスラップベースでキックするイントロや、ストリングスとブラスとギターのソロの掛け合いなどは、確かに『もってけ!セーラーふく』にも通ずるファンク・ディスコといった風情。......が、エモーショナルなニノミヤのボーカルにラウドなギターやオーケストラルヒット、さらにツーバスドラムを重ねるサビなどに見られる壁のように分厚い音像は、アニソンに明るい読者ならば納得いただけるだろう、Tom-H。

   そしてhotaruによるリリックはしっかり「闇落ち」する。

〈完全聖人になんてなれやしない〉
〈何遍失敗して直りもしない〉
〈また死にたくなる こんな自分、嫌〉
〈独りきりで首絞め合い〉

   陰キャのカリスマ・ニノミヤの面目躍如といった言葉の数々が並ぶ。しかもこの曲がオープニングを飾る『ピーター・グリルと賢者の時間』は、おバカでセクシュアルなコメディにもかかわらず、これらの言葉は確かにアニメのある側面に光を当てている。そのミスマッチから生まれる妙味にもぜひ触れてみてほしい。

ニノミヤユイ

2001年9月6日・神奈川県生まれの声優・ボーカリスト。2017年、「次世代声優☆ミラクルオーディション」で特別賞に輝き、翌2018年にテレビアニメ『アイカツフレンズ!』の日向エマ役で声優・二ノ宮ゆいとしてデビューを果たす。そして2020年1月にはアーティスト・ニノミヤユイとしてデビューアルバム『愛とか感情』をリリース。バグベア、カノエラナ、佐藤純一(fhána)、氏原ワタル(DOES)、新羅慎二(湘南乃風・若旦那)らと"陰キャのカリスマ"たる自制的な楽曲の数々を制作する。そして2020年8月19日、自らもルヴェリア・サンクトゥス役として出演するアニメ『ピーター・グリルと賢者の時間』のオープニングテーマ『つらぬいて憂鬱』を発表した。

楽曲情報

justear_20200831111556.jpg

ニノミヤユイ『つらぬいて憂鬱』
2020年8月20日発売 / ランティス

【収録曲】
1. つらぬいて憂鬱(作詞:hotaru(TaWaRa)/作曲:Tom-H(TaWaRa)/編曲:Tom-H(TaWaRa)・KanadeYUK(TaWaRa))
2. re:flection(作詞:ニノミヤユイ/作曲・編曲:タナカ零)
3. つらぬいて憂鬱(Instrumental)
4. re:flection(Instrumental)

ハイレゾ

e-onkyo https://www.e-onkyo.com/music/album/lacm24011/
mora https://mora.jp/package/43000152/LACM-24011_HI-24_96/
製品について知りたい方はこちら 製品について知りたい方はこちら