女子社員を悩ます「IT音痴」のダメ部長

印刷

    2000年前後に起きたとされる「IT革命」以降、オフィス内では急速にフル・デジタル化が進んでいます。ボールペンや鉛筆を握りしめ、書類作成に汗をかいていたのも今は昔。オフィスの主役は、いまやパソコンです。キーボードを叩く音が幾重にも響き渡り、プリンタが止めどなく紙を吐き出す。

   オフィスは、名実共にIT革命の主戦場となりました。ところが、革命がわずか10年足らずのうちに進行してしまったため、笑うに笑えないトラブルにも事欠かないようです。

>>ITとほほ観察記・記事一覧

課長と部長がソフトの使い方を覚えようとしない

   先日も、こんな話を聞きました。

   ある会社の営業セクションでは、上司への報告や営業同行の依頼などを効率化するため、ウェブ対応のスケジュール管理ソフトを導入しました。外回りをしていても、端末からインターネット経由でアクセスさえすれば、自由に書き込んだり、内容を読んだりできるというアレです。

   会社側は、ペーパーレスが進むことでコスト削減はもとより、環境に配慮するイメージもアップして良い、口頭でやり取りしているより時短にもなる、と満足気でした。3年程前のことです。

   ところが、目に見えたペーパーレスの効果もなく、また時短にも繋がっていません。その理由を、女子社員がこっそり明かしてくれました。

「40代の課長とその上の部長が、ソフトの使い方をまったく覚えようとしないの。社内でミドルを対象にしたパソコン研修もしてるんだけど、使おうとする気がないから、ぜんぜん覚えてこないのよ」

   とどのつまり、スケジュールソフトの画面を一日に2回ほど定期的にプリントアウトし、課長と部長に見てもらっているそうです。

性急な「IT化」のおかげで、かえって残業が増えた

   さらに困ったことに、上司はプリントアウトした紙に指示や返事を書いてしまうので、事務の担当者がスケジュールソフトの画面上に打ち込み直すか、各営業担当がスケジュールソフトに打ち込んだ自分のリクエストの確認のためだけに帰社するか、電話で連絡しなければならないのだとか。

「いちいちプリントアウトしたり、打ち直したりするのは私たち。不景気とスケジュールソフトの導入で採用も控えていたから、以前よりも忙しくなちゃって残業は増えるし、ストレスがたまる一方よ!」

   事情を知った若手営業マンからは、「いっそのこと、前と同じように印刷したスケジュール表とホワイトボードに、直接書き込むやり方に戻した方が良いのではないか」との声が出る始末。

   ITやデジタルに人を合わせるのではなく、人を中心にITやデジタルの配置、導入を計画する。もはや、言われ尽くされたことではあります。

   ITがこれからの産業の柱になるのはわかっています。しかし、あまりに性急に事を進めてしまうと、かえって生産性が落ちる危険があるという教訓でしょう。

井上トシユキ

>>ITとほほ観察記・記事一覧

井上トシユキ
1964年、京都市出身。同志社大学文学部卒業(1989)。会社員を経て、1998年よりジャーナリスト、ライター。TBSラジオ「アクセス」 毎週木曜担当。著書は「カネと野望のインターネット10年史 IT革命の裏を紐解く」(扶桑社刊)「2ちゃんねる宣言 挑発するメディア」(文芸春秋社 刊)など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中