「職場の挨拶」どこまでやるとウザイですか?

印刷

    この春に入社した新入社員も半年がたち、だいぶ仕事に慣れてきたころ。でも、まだまだ悩みは多いようです。たとえば、ある新人女性社員は「職場での挨拶」について悩んでいます。日本最大級のQ&Aサイト「OKWave」にこんな質問を投げかけました。

職場で挨拶されるのは、どのくらいからうざったいですか?

積極的に挨拶していたら「うざい」と言われた

   彼女(aiko_freshさん)は職場の先輩たちと良好な関係を築くために、できるだけ挨拶するように心がけていました。

「通り道の席にいる人に『おはようございます』『お疲れ様でした』昼食をご一緒している先輩方に『こんにちは』『お先に失礼します』の挨拶を毎日しています。・・・課長(作業日報提出ついで)、同じ課で近くの席の先輩、課や部が違っても帰り道で席の横を通る人に声をかけています」

   できるだけ多くの人に積極的に挨拶をしていたわけです。ところが、別の課の先輩に、

「昼食に混ざる時に挨拶しなくていいし、全体的に挨拶が過剰」

と言われてしまったのです。さらに、

「帰るときの『お疲れ様でした』も人によってはうざいだろう」

という指摘も受けました。こんな言葉を突きつけられたら、どんな新人だってヘコみます。自信をなくした彼女はネットのQ&Aサイトで、次のような相談をしてみることにしたのです。

「職場での挨拶はどの程度からうざったく感じますか? 特に帰り際の『お疲れ様です』についてどうでしょうか」

「両隣の席の人に挨拶すれば十分」

   この質問に対する、ネット上の「先輩たち」の回答はいろいろでした。ある人は

「挨拶が悪いとは少しも思いませんが、いつでもどこでも誰にでも、きっちり挨拶する人って少し『?』かもしれません。外部の業者さんなら分かりますが・・・」

とかなりシビアな回答。そして、「ある程度の人数が居る会社ならデスク周りのグループの人くらいにしか、挨拶しないです」と、「社会の現実」を伝えます(Julliet7さん)。

   また、別の人(aki1012さん)は

「先輩は、質問者さんが挨拶をすると、自分達もしなきゃいけなくなるのが面倒だと思っているのかもしれませんね」

と、新入社員さんの先輩の気持ちを推測しながら、「自分の両隣の席の人とか、それくらいでいいんじゃないでしょうか」と提案しました。

「うざいなら、耳栓でもすれば?」

   一方、新入社員さんに共感する回答もあります。

「全体的に挨拶が過剰・・・言われると悲しいですね。でも、これって、いけないことなのでしょうか・・・」

と新入社員さんと同じような疑問を示したうえで、

「小さい頃からそのようにしてきたのであれば、変える必要はないのではないでしょうか。注意された人にだけ、少し控えめにして、変える必要はないと思いますよ」

とエールを送っています(heidenkeiさん)。さらに強気な人もいます。

「私は全くうざくないです。私は新卒時代、営業事務所にいたので。言わない奴は解雇でしょう、みたいな。『うざいなら、耳栓でもすれば?』と思います。というか、親から挨拶の躾を受けてないのかなあ・・・と思います」(sinjouさん)

   「挨拶」という基本的なマナーひとつを取っても、人それぞれ。あなたは、人の挨拶をうざいと思ったことがありますか?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中