シュガー社員の「私生活」が職場を侵食する

印刷

    過保護に育てられ自立心に乏しく、なぜか自信過剰な若手社員を、砂糖の甘さに例えた「シュガー社員」。今回紹介するのは、仕事と私生活の区別がつかない「私生活延長型」シュガー社員です。

>>シュガー社員がやってきた!・記事一覧

彼氏とケンカした翌日は不機嫌モードで威嚇

    A社営業事務のユキナさんは24歳。大好きな女性タレントの写真やグッズが、事務机の上に所狭しと飾られています。ある月曜日、ユキナさんはそのタレントそっくりの格好で出社してきました。茶髪に派手なアイライン、長いピンクのネイルにはラメが入っています。外回り担当でないとはいえ、営業社員の留守中には取引先の接客対応を頼んでいます。

   課長が「キミ、その髪ちょっと赤すぎやしないかい?」とたずねると、ユキナさんは「束ねているから問題ないです」。「その爪は長すぎるよね」と言っても、「これくらい影響ないと思います」と聞く耳を持ちません。

    B社管理部のノリカさんは27歳。ムスッとした顔で30分も遅刻してきました。「すみません」とは言うものの、仕事を頼もうと話しかけると、上司だろうが先輩だろうが「はぁ?」と鋭い目つきで威嚇。上司が見かねて「忙しいから協力してくれよ」と言えば「私だって忙しいんですけど!」と不機嫌モード全開でイヤイヤ手伝う始末。就業時間が終われば「今日はムリ」と残業拒否で帰ってしまいました。

    翌日、ノリカさんは打って変わってニコニコ出社。開口一番「昨日はすみませ~ん。ちょっと彼氏とトラブっちゃって。でも、もう大丈夫デス」と上機嫌。恋人とケンカしただけで自分の不機嫌を職場に持ち込むなんて…。月9ドラマの見過ぎでしょうか。

「やることはやっている」というほどデキない

    私生活延長型シュガー社員。本当になりたいものはミュージシャンや漫画家、お嫁さんなど。だから「今の姿は一時的なもの」と割り切り、仕事に真剣に向き合おうとはしません。仕事のヒントになる本を読むこともなく「仕事はプライベートのため」と公言しています。

    プライベートは、誰でも大事です。問題なのは、仕事に私生活を持ち込んで業務を混乱させること。社会人としての意識が希薄で、遅刻や欠勤が目立つのも特徴ですが、それを注意すると「事前に連絡しています」と反論し、自分がいない場合の影響を考えません。「やることはちゃんとやっています」が口グセですが、周囲から見れば、自分で言うほどデキていません。

    一方で、仕事は半人前でも自分の権利には強い執着心を持っています。休日に緊急の確認電話をかけようものなら「お話した時間分の割増賃金、払って下さい」と突っかかったりします。就業時間中に私用メールを送る自分のことは棚に上げて、ずいぶんシビアなことを言うので思わずひっくり返りそうになります。

    このタイプの対処法は、まずは会社の基幹業務につけないこと。定時の出勤や残業がアテにできないので、単純労務をさせる以外に方法がありません。また、彼らの価値観は職場の常識とは違います。就業規則に「茶髪は禁止」と書いてあっても「自分は茶髪ではありません」と反論されれば終わりです。守らせようと思えば、髪の色見本などを置いて、違反したらその日の勤務につけさせないくらいの気構えが必要です。

    入社後に「聞いてないよ~」と言われないためにも、企業としてどうしてもNGということは、採用前に細かく伝えておくべきでしょう。最初にハードルを下げて入社させ、後から上げても素直な若手社員は従いますが、シュガー社員には逆効果です。職場の馴れ合いが、摩擦の原因となる場合もあるのです。

残業代ナシ「本人が同意」で乗り切るのは危険

    また、企業を取り巻く法律を熟知しているため、就業規則等の整備をしておかなければ「労働基準法違反だ」とクレームをつけられてしまいます。「時間外手当が支払われていない」と労働基準監督署に駆け込まれたとき、経営者は「採用時に本人が同意した」「残業は個人裁量でやっている」などと答えても通用しません。

    かといってタイムカードを押した時間のすべてを認めると、ダラダラと会社に居残り不当な時間外手当を要求する輩も出ます。仕事を効率化させて「早く帰れ」と檄を飛ばすことも必要です。「やりにくくなったなあ」と思う経営者の方もいらっしゃるかもしれませんが、これは「社会の常識」が変わったと頭を切り替えるべきです。

    時間外手当に関しては、クレームをつけるシュガー社員よりも、労働時間管理を怠って法令を遵守しない会社に問題があることが多いのです。経営者は人を雇用する限り、労働法の知識は最低限必要です。どうしても残業が発生する仕事であれば「変形労働時間制」や「みなし労働時間制」を導入して、会社も防衛を図る必要があるでしょう。

田北百樹子

>>シュガー社員がやってきた!・記事一覧

田北百樹子(たきた・ゆきこ)
札幌市出身。田北社会保険労務士事務所所長。保険関係の手続や就業規則作成にとどまらず、人事考課制度導入や社員教育など、企業の人事労務を幅広くサポートしている。「シュガー社員」の名付け親で、09年3月にはシリーズ第3弾となる『ブラック企業とシュガー社員』(ブックマン社)を刊行。
「シュガー社員」から会社を守れ! (PHPビジネス新書 74)「シュガー社員」から会社を守れ! (PHPビジネス新書 74)
田北 百樹子

PHP研究所 2008-10-18
売り上げランキング : 2337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中