上司の「理不尽な命令」に従えますか?

印刷

   サラリーマンに向く・向かないというより、会社組織の中では生きていけないタイプがいる。そういうタイプは、会社員という選択肢がなくなるので、結果として独立する道を選ぶことになる。

>>サラリーマンに向かないヤツ・記事一覧

無茶ぶり上司にも「No」と言えないサラリーマン

   上司に対して不満や悩みを抱えている人は、多いのではないかと思う。それが原因で、1度や2度会社を辞めたくなったことがあるかもしれない。そういったフラストレーションを感じながら、日々仕事をするのは、ストレスを溜め込むことになってしまう。

   残念ながらサラリーマンは、上司を選ぶことができない。上司の言うことは、たとえその日によって言うことがコロコロ変わっても、意味のない残業をさせられることになっても、命令は命令。聞かなくてはならない。組織で働く悲しさは、どんなに無茶なことでも、理不尽な命令だと思っても、それに従わなければならないことだ。

   しかし、サラリーマンは、会社のルールに従います、という契約を結んでいるわけだから、少々の我慢や忍耐は当然のこと。自分の思うように行かないことが多くても、それは仕方がないことだ。サラリーマンに求められるのは、組織の一員として、与えられた仕事でいかに成果を出すか、会社の業績アップにどれだけ貢献できるかになる。

「生殺与奪権」を握られていることに耐えられるか

   上司に対して不満があっても我慢するのは、単に上下関係だけだけでなく、昇給やボーナスの査定、昇進までが上司の評価一つにかかっているからだ。仮に、反抗して上司に嫌われるようなことがあれば、最悪な話、降格されたり、左遷されたりすることもある。これは、少々誇張した言い方をすると、自分の「生殺与奪権」を握られていることになる。

   ※生殺与奪: 生かしたり殺したり、与えたり奪ったりすること。他人をどのようにも思いのままにすること。(大辞泉より)

   一方、独立すると、何事に対しても自分で決定権を持てる。例えば、取引先の担当者が、あまりにもヒドイ条件を突きつけてきたら、丁重にお断りすればいい。1社失っても、また別の取引先を開拓すればいいことになる。

   サラリーマンとして生きていくか、独立して仕事をするかの究極の選択は、他人に自分の人生を左右する権利を握られたままでいられるかどうか、そのことに耐えられるかどうかにあるのではないかと思う。どうしても耐えられないタイプは、サラリーマンとして働くという選択肢を捨てなければならない。

   私は、独立してから20年以上たつが、どんなことが起こっても、ただの1度も会社員に戻りたいと思ったことはない。その理由は、自分の人生は、自分でハンドリングしたいと思っているからだ。これは、何にも代えがたいものになる。

上司と衝突した勢いで会社を辞めるのはよくない

   ただ、会社組織の中では生きていけないタイプだと分かっても、独立して食べていけるかどうかということは、全く別問題だということを忘れてはいけない。会社から一歩外へ出て、最初に必要になるのは、「自分で仕事を取る力」になる。これは、会社員時代には要求されないものだ。仕事は与えられるものだったから。

   だから、上司と衝突した勢いで会社を辞めてはいけない。冷静に自分のスキルを点検して、独立してやっていける力を身に付けていこう。

塚田 祐子

>>サラリーマンに向かないヤツ・記事一覧

塚田祐子(つかだ・ゆうこ)
Creative Work Station代表。サラリーマンに向かず、26歳で「OLやめます!宣言」をする。その後、教育業界を経て、31歳で独立。20年を超える自営経験を通して学び取ったノウハウを体系化し、現在、All About[フリーランス]のガイドとして、フリーや個人で独立・起業を目指す人たちへ、熱い応援エールをおくっている。著書に「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする〈独立成功〉完全マニュアル」「フリーランスのための超簡単!初めての青色申告」がある。
「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」
「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」塚田 祐子

おすすめ平均
stars起業
stars読んでおきゃ、よかった!
starsガツン!と愛情のつまった1冊
stars独立したい人やしたばかりの人に必ず読んで欲しい本です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中