2019年 11月 21日 (木)

オフィスで「湯たんぽ」 OLの心と体を温める

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   冬のオフィスでは、体が冷えて仕事にならない。そんな風に嘆くOLは意外に多い。防寒対策の定番といえばひざ掛けやカイロだが、最近は湯たんぽを職場に持ち込む女性が増えている。体だけでなく心も温かくなると好評だ。

持ち運び便利な「ミニ湯たんぽ」が人気

デスクワークで湯たんぽを使う女性が増えている
デスクワークで湯たんぽを使う女性が増えている(写真は「湯たんぽCUSE BERRY」提供)

   ここ2、3年、エコ意識の高まりも手伝って、湯たんぽの売れ行きが伸びている。夜寝るときに使う2~3リットルの通常タイプに加え、500ミリリットルほどのミニタイプの人気が高まっているのが、最近の特徴だ。

   「無印良品」を展開する良品計画では2008年10月上旬、新しい型の湯たんぽを発売した。前年は2.5リットルのタイプを販売したが、今年はより小型化して、2リットルと470ミリリットルの2タイプに変更した。小さいタイプはもともと子供用を狙っていたが、持ち運びが便利なので、オフィスでの利用も考えられるという。

「販売状況は非常に好調で、発売から約1か月半ですでに5万個が売れました(2タイプの合計)。これは昨年半期の売り上げに匹敵する数字です」(同社広報)

   東武百貨店でも「ミニタイプの湯たんぽは、若い女性を中心に比較的よくでている」という。売れ筋の「ハンディ湯たんぽ『Coたんぽ』」(ミツミ製)は、17センチ×13センチ×5センチの大きさで500mlの湯が入るミニタイプだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中