「アダルトサイトの請求メール」が小学生の子供に!

印刷

   ITをめぐるトラブルは社内に限りません。会社から家に帰ったあと、子供が起こした問題に悩まされることだってあるのです。たとえば、こんなケースがありました。

   E子さんは、中学生の長男と二人で暮らしています。学習塾と課外のスポーツクラブに加えて、たまにE子さんの土日出勤もあり得るため、小学校の4年生に進級した頃から連絡用に携帯電話を持たせていました。

>>ITとほほ観察記・記事一覧

「あなた、エッチなサイトを見たでしょう?」

   6年生に進級した夏休みのある日、朝から子供の元気がありません。勉強疲れか、課外のスポーツと塾と両方へ通うのが負担になっているのか、とE子さんは心配するのですが、塾のテストもちゃんとできているし、スポーツのほうでもトラブルがあるという話はありません。

   「もしや」と思い、子供が眠りについてから携帯電話のメールをチェックしました。案の定、アダルトサイトを騙る架空請求メールが来ています。

「このメールを消去せず、気に病んでいるということは、実際にアダルトサイトにいったんだな……」

   そう見破ったE子さんは、一計を案じました。一日おいた翌々日、起きてきた子供に言いました。

「あなた、エッチなサイトを見たでしょう?」

   否定する子供にE子さんは、

「××××というエッチサイトの業者から料金を支払えってメールがお母さんのところにも来たのよ!」

子供のしつけは「万事塞翁が馬」

   まさか、自分のメールをチェックされているとは夢にも思わない子供は、仲良しの友達と見たと、あっさり白状しました。学校は違うのですが、住んでいるところが近く、家族ぐるみで仲良くしている友達です。

   よく聞けば、ただの無料アダルト画像サイトだったのですが、お灸をすえてやろうと思っていたE子さんは、

「昨日、その業者に4万8000円を払っておいたから。あなたと二人、苦しい家計のなかで4万8000円の出費が、どれほどお母さんの負担になるかわかってるの!」

   きつく叱ると、子供はすすんで「もう二度としない、誓います」と謝ってきました。その日の昼休み、E子さんは友達のお母さんに電話をかけ、

「アダルトサイトの架空請求がありましたが、これを機会に躾けようと思うので、そちらのお子さんのほうで話題になることがあったら、本物の請求で、本当に支払ったということにしておいてください」

と頼みました。すると友達のお母さんも、

「じゃあ、ウチも相乗りしていいかしら? ○○ちゃんのお母さんが代わりに払ってくれたって、主人と一緒にお灸をすえてやるわ」

   E子さんは言います。

「子供の躾けなんて、万事塞翁が馬みたいなことが多いんですよ。このケースでは、小さなトラブルを予防ワクチンのように使えたのですが、中学生になると子供も知恵をつけてくるから、そう簡単にはいかないでしょう。これからは、ネットや社会の現実をきちんと正面から教えていくことが、大きなトラブルに巻き込まれないための杖となると思います」

井上トシユキ

>>ITとほほ観察記・記事一覧

井上トシユキ
1964年、京都市出身。同志社大学文学部卒業(1989)。会社員を経て、1998年よりジャーナリスト、ライター。TBSラジオ「アクセス」 毎週木曜担当。著書は「カネと野望のインターネット10年史 IT革命の裏を紐解く」(扶桑社刊)「2ちゃんねる宣言 挑発するメディア」(文芸春秋社 刊)など。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中