2018年 9月 19日 (水)

<できコツ9>「ポジティブ・シンキング人間」はトクをする

印刷

   物事を後ろ向きに考えても、成果は出ない。「ポジティブ・シンキング」が大切だ――。頭では分かっていても、なかなかできるものではありません。でも、前向きな姿勢を見せる人には、チャンスが訪れるものなのです。凡人は開き直って、粘り強くいきましょう。

>>「できるヤツ」と思わせる20のコツ・記事一覧

ポジティブは「粘り強さ」や「責任感」にも通じる

人事評価シートに「困難な状況においても粘り強く」という項目のある職場は多い
人事評価シートに「困難な状況においても粘り強く仕事を進める」という項目のある職場は多い

   「ポジティブ・シンキング」とは、一般に「どんな状況でも物事を前向きに、積極的に考える」という意味で使われています。「それって問題が見えてないバカじゃないか」「仕事ができればネガティブでも関係ない」と言う人もいるでしょうが、ポジティブだから重要な仕事を与えられる、という側面もあります。

   ポジティブ・シンキングには、失敗や困難にめげずに仕事を進める「粘り強さ」や、自分の役割を認識してベストを尽くす「責任感」に通じる要素があります。日ごろから明るく前向きに仕事している姿を見れば、過去の実績や能力を少し度外視しても、熱意や可能性に賭けてみようか、と周囲に思わせることができるのです。

   また、ポジティブ・シンキングができる人は、他の従業員とのコミュニケーションを上手に取ることができます。メンバーと励まし合ったり、他人の失敗をフォローし合ったりできる人は、組織やプロジェクトで重宝されます。

   しかも、最近の会社の人事評価では、勤務姿勢の比重を高める動きがあります。これは、会社が成果主義の問題点を修正するために、チームワークを重視し始めていることに関係があります。

   「ネガティブ・シンキング」な勤務態度が悪いとは言い切れませんが、ポジティブで周囲を明るくし、粘り強く仕事をする人は「できるヤツ」と歓迎されるものです。私も人事の立場で、そのような人たちを多く見てきました。

野崎大輔(のざき・だいすけ)
フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。「企業を活性化させるチェンジ・エージェント」を掲げ、東京・四谷で人事コンサルタントとして活動中。野崎人事労務管理事務所代表、特定社会保険労務士。mixiでコミュニティ「できるヤツと思わせる20のコツ」を運営。09年4月からJ-CASTで「ヨソでは言えない社内トラブル」を共同執筆。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
石田純一 PRESENTS 人生をポジティブに生きる25の方法 [DVD]石田純一 PRESENTS 人生をポジティブに生きる25の方法 [DVD]
石田純一

エイベックス・トラックス 2006-09-06
売り上げランキング : 51212

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中