義理チョコにも階級格差 「会社の役職で差をつける」

印刷

   もうすぐバレンタイン。不況の影響で義理チョコのグレードも下がりそうな気配だが、その義理チョコにも「階級格差」があることが判明した。東ハトが2009年1月23日に発表したアンケート調査の結果によれば、過半数の女性が「相手によって義理チョコに差をつけている」というのだ。

男性の3割が「義理チョコから始まる恋」に期待

   東ハトはチョコレート新商品の発売を記念して、自社のホームページと携帯サイトで男女各200人を対象に「義理チョコ」に関するアンケートを実施した。それによると、「相手によって義理チョコに差をつける」と回答した女性が54%となり、「みんな同じもの」(46%)を上回る結果となった。

   では、何を基準に差がつけられているのか。1位は「付き合いの深さ」で54%。「自分の好み(好感度)」が27.5%で2位に入った。3位は「会社の役職」の10.5%だった。付き合いの深さで差がつくのは当然だとしても、1割の女性が「会社の役職」によって差をつけるとしているのは興味深い。

   一方、男性に「相手によってお返しに差をつけるか」とたずねたところ、66%の男性が「差をつける」と回答。差をつける基準は、1位が女性と同じく「付き合いの深さ」(42%)。しかし、2位は「これからの関係発展への期待値」で、28%もの男性が「義理チョコから始まる恋愛」に期待していることが分かった。

   東ハトでは

「女性にとっての義理チョコは『職場や学校での人間関係を円滑にするための道具』になっているが、男性の約2割はそれを愛だと思い込もうとしているらしい。総じて、女は現実的だが、男は夢をみているという、男と女の格差もはっきりとした」

   と分析している。

日本の「義理チョコ」文化、あったほうがいいですか?
あったほうがいい
ないほうがいい
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中