2019年 12月 7日 (土)

「好きな人とデートする権利」でモチベーションアップ!

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   従業員のやる気に火をつける「インセンティブ」は、多くの会社で設けられている。要するにアメとムチの「アメ」だ。営業部門の報奨金や特別ボーナスを支給する制度などが、それである。プロ野球選手の成績に応じた「プラス出来高」というのもある。営業以外でも、研究開発や製造、スタッフ部門で採用している企業も少なくない。

>>熱い職場委員会・記事一覧

元コンパニオンと「クリスマスイブ」に食事

著者新刊の『職場活性化の「すごい!」手法』では、さまざまなモチベーションアップ法を紹介している
著者新刊の『職場活性化の「すごい!」手法』では、さまざまなモチベーションアップ法を紹介している

   私もサラリーマン時代には、月給や年2回のボーナスとは別に、年間100万円を超えるインセンティブを獲得していた。しかしダントツで嬉しかったのは、お金ではなく「フロアで好きな人とデートする権利」というインセンティブだった。シャレを解しない現在の無粋な組織では「セクハラ」と槍玉にあげられそうだが、あくまで私が新人時代の話だ。

   その四半期にたまたまトップに立った私が「デート権」をゲット。頭が真っ白になるくらい嬉しかったことを今でも覚えている。さっそく憧れだった、同じ事業部の企画に属していた3歳年上の女性に、半信半疑でその権利を申告した。彼女は元つくば万博のコンパニオンだったほどの人だが、なんとその彼女とクリスマスイブに渋谷で食事をしたのだ。

   もっとも、食事の間中ずっと励まされ続け、デートにはほど遠い、上司と過ごしているような雰囲気だった。そして食事の後は、またすぐ仕事に戻ってしまった。いま思えば、彼女は戦場で傷ついた兵士を看護するナイチンゲールのような心境だったのではないか。

   限られた予算の中で、一丸となって現状を突破しようとしている職場なら、(本人たちの同意を得た上で)こういう遊びの要素を入れてみてはどうだろう。新鮮な気持ちで新たな取り組みを促すことになるかもしれない。

大塚寿(おおつか・ひさし)
1962年群馬県生まれ。中央大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。ヤマメの養殖で留学資金をつくり、1991年5月より渡米、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)にてMBA(国際経営学修士号)を取得。現在、マーケティング・コンサルティングやオーダーメイド企業研修を行うエマメイコーポレーション代表取締役。『職場活性化の「すごい!」手法』(PHPビジネス新書)など、著書多数。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
職場活性化の「すごい!」手法 (PHPビジネス新書)
職場活性化の「すごい!」手法 (PHPビジネス新書)大塚 寿

PHP研究所 2009-01-17
売り上げランキング : 540

おすすめ平均 star
star自分自身が元気になった
star人事部・総務部・経営企画室必携!
star活用次第

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中