2018年 8月 17日 (金)

売れっ子女子アナはなぜ「独立」するのか?

印刷

   TBS・小林麻耶アナの独立が話題となっている。昔からネームバリューのあるアナウンサーが独立するのはよくある話だが、良い機会なので、女子アナの独立メカニズムについて、報酬システム的に考察してみたい。

世代間格差で会社に残るメリット減る

会社員の賃金カーブはかつてのような伸びを期待できなくなっている
会社員の賃金カーブはかつてのような伸びを期待できなくなっている

   まず独立のインセンティブだが、フリー転身による収入増にあるのは間違いないだろう。妹であるフリーの小林麻央は年俸1億とも言われているから、その影響もあるのかもしれない。

   もちろん、テレビ局の基本給自体も高水準で、しかも終身雇用、年功序列で一定の昇給が見込めるといったメリットも大きい。ただこういったメリットは、「自分は平均より優秀だ」と自負している人間には、ほとんど魅力がない。彼らは結局、実力に見合った報酬を求めて飛び出すことになる。

   もう一つ見過ごせないのが、業界全体のパイの縮小だ。ご存知の通り、テレビ業界は広告料低下のあおりで軒並み減収減益という惨状だ。本来、業績に応じて賃金水準は改められるべきなのだが、日本の場合、賃金は強い下方硬直性(つまり下げにくい)を持つから、カット分はこれからの昇給抑制と言う形で若手に押し付けられる傾向がある。

   結果、同じ仕事、同じ会社であっても、中高年との間に世代間格差が生じてしまうのだ。こうなると、会社に残るメリットはさらに減ることになる。これから先、アナの独立心は一層掻き立てられることだろう。

日本型雇用では優秀層を囲い込めない

   考えてみれば、これは一般企業において、若手が3年でやめる理由とまったく同じだ。たとえばここ数年、一部のメガバンクの新卒3年内離職率が急上昇しているが(3年で4割離職という年もある)、これは賃金カーブの急低下が原因だ。

   もちろん「自分はせいぜい並だろう」と思っている人間は一生懸命しがみついてくれるのだが、会社にとっては全然嬉しい話ではない。日本型雇用ではなかなか優秀層を囲い込めないのだ。

   「あれだけ売れっ子なのに、安月給でこき使うからだよ」とTBSを笑っている人は多いが、ひょっとすると同じことは自分の職場で起きているかもしれない。

城 繁幸

>>29歳の働く君へ・記事一覧

人事コンサルティング「Joe's Labo」代表。1973年生まれ。東京大学法学部卒業後、富士通入社。2004年独立。人事制度、採用等の各種雇用問題において、「若者の視点」を取り入れたユニークな意見を各種経済誌やメディアで発信し続けている。06年に出版した『若者はなぜ3年で辞めるのか?』は2、30代ビジネスパーソンの強い支持を受け、40万部を超えるベストセラーに。08年発売の続編『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか-アウトサイダーの時代』も15万部を越えるヒット。ブログ:Joe's Labo
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中