「人を笑顔にさせる」フィギュア型名刺(レゴ)

印刷

   カラフルなブロック玩具で有名なデンマークのおもちゃメーカー「レゴ」。その社員の独創的な「名刺」がネットで話題になっている。よくある紙のカードではなく、レゴらしいフィギュアの形をした名刺なのだ。

>>おもしろ名刺ウォッチ・記事一覧

ネットで世界に広がった「今までで一番クールな名刺」

レゴの名刺を見た人からは「ほしい!」「レゴ社員になりたい」といった声が多数あがった
レゴの名刺を見た人からは「ほしい!」「レゴ社員になりたい!」といった声が多数あがった

   このユニークな「名刺」をブログで紹介したのは、デンマークの経営コンサルタント、アレクサンダー・ケルフ(Alexander Kjerulf)さん。彼はレゴの広報部長を務めるシャルロッテ・シモンセン(Charlotte Simonsen)さんから、女の子の形をした小さなフィギュアをもらった。驚いたことに、その胴体の正面にはレゴのマークと彼女の名前がプリントされ、背中には電話番号とメールアドレスが刻印されていた。

   このフィギュア型名刺は、持ち主の性別や髪型、メガネの有無などにあわせてカスタマイズすることができる。ただ、高価なため、全社員に配られているわけではなく、一部の幹部社員と広報担当者だけが持っているのだという。

「素晴らしい! 自社ブランドを生かして、名刺をもらった人を幸せな気分にしてくれる」

   そう思ったアレクサンダーさんは2009年2月23日、「Coolest business card ever(今までで一番クールな名刺)」と題した記事を英語で書き、写真と一緒にブログに掲載した。この記事は瞬く間に世界中の多数のブログで紹介され、アメリカの人気ブックマークサイトDiggでは1400件以上のブックマークがついた。日本でもWIRED VISIONIDEA*IDEAなどの情報サイトで取り上げられ、反響が広がった。

大切なのは「変わったことをやること」

「名刺で人を笑わせたい」というアレクサンダーさんの名刺には、こんなユニークな写真が使われている
「名刺で人を笑わせたい」というアレクサンダーさんの名刺には、こんなユニークな写真が使われている

   J-CAST会社ウォッチでは、「レゴ名刺」の存在を世界に知らしめたアレクサンダーさんにメールで質問してみた。すると、次のような返事が返ってきた。

――名刺をもらったとき、どのように感じましたか?
「驚くと同時に、幸せな気分になりました。笑顔になりました。そして、レゴという会社は、クールで面白く、ほかと違ったことをするのを怖れない創造的な会社だと確信しました」

――この「名刺」から学ぶべきことは?
「名刺は連絡先の情報を伝えるだけのものでありません。それは、『記憶に残る体験』を与えてくれるものでもあります。もらった人を笑顔にしたり、笑わせることができれば、なおいいですよね」

――日本のビジネスパーソンは名刺が大好きで、初めて会った人には必ず名刺を渡しますが、デンマークではどうですか?
「デンマークでは、日本と違って、名刺交換が儀式として行われているわけではありません。もし名刺を持っていたら渡せばいい、という程度のものです。また、名刺を渡すのはたいていミーティングの後ですね」

――日本とデンマークはビジネスのカルチャーが違うようですね。
「デンマークのビジネスパーソンはとてもカジュアルで、形式ばってはいないですね。私たちはみんなファーストネームで呼び合っています。たとえ、自分のボスに対してでもね」

――名刺について、何かアドバイスはありますか?
「最も重要なアドバイスは、『Make it differnt(変わったことをやれ)』ということですね。名刺を渡すということは、なんらかの形で自分のことを覚えてもらいたいと思っているはず。名刺で人を笑顔にさせたり、笑わせることができれば、きっと覚えてもらえますよ!」

>>おもしろ名刺ウォッチ・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中