「職場の38歳の男にボラれた」 こらしめる方法はないか

印刷

   会社の人たちと飲みにいったときの会計はどうしていますか? ワリカンが普通でしょうが、上司が部下に、先輩が後輩におごる場合もあるでしょう。逆のパターンは年功序列型の日本社会では珍しいかと思いますが、その常識をくつがえすこんな投稿が、Q&Aサイトの「Yahoo!知恵袋」に掲載されました。

職場の38歳の男にぼられました。とても悔しい思いでいっぱいです

「心を落ち着かせる、魔法の言葉を下さい」

   投稿した女性jan_qazwsxさんはある日、同じ職場の38歳の男性とたまたま帰りが一緒になり、居酒屋で軽く食事をしました。そのときの会計は3800円くらい。彼女は「そういうの困るので……」とワリカンを希望しましたが、彼女よりも年上の男性は「今度おごってもらうからいいよ」と言って、全部払ってしまいました。

   これだけならよくある話。でも、jan_qazwsxさんは、不潔で行儀が悪く、自慢話ばかりの男性同僚のことが大嫌いで、できるだけ関わりあいを持ちたくないと思っていたのです。

「食べ方も汚らしい音を立てるし、座り方も隣の席に迷惑がかかるほど行儀が悪くて、声もでかくて、ツバをよく飛ばしていました。同じ職場なので、ものすんごく我慢しています」

   できれば、もう二度と一緒に食事なんかしたくない。しかし1ヶ月後、男性から「あのときのお礼をしてもらおうかな」と言われ、彼女のおごりで再び居酒屋に行くことになりました。

   すると、同僚男性はここぞとばかりに高い酒を飲み、料理も次々と勝手に注文していきました。酒癖も悪く、jan_qazwsxさんが「帰りましょう」と言っても、席を立つどころかさらに酒を注文したのだそうです。

「ようやく会計したら、1万5千円…。明細をみた38歳の男は『ラッキー!サンキュー』と言って去っていきました」

   常識では考えられない展開に呆然とするjan_qazwsxさん。怒りをおさえきれなかったのか、Q&Aサイトで事の顛末を打ち明けて、質問を投げかけました。

「とても悔しい思いでいっぱいです。何かこらしめる方法や、心を落ち着かせる、魔法の言葉を下さい」

「後ろから跳び蹴り食らわしたい」

   この投稿に対して、「読みながら自分のことのように腹が立ってきました」というのはfpfrg694さん。

「後ろから跳び蹴り食らわしたいです。復讐、復讐…直接手を下すことができなくて残念ですが、わら人形でも打っておきます」

と強く同情するコメントを寄せました。同様に、男性に対する怒りをあらわにする声はほかにもありました。

「うわ~セコ!!最悪な男ですよね。そういうの他の人にもしてそうですよね。自分は安いものおごっといて後日高いものを食い逃げ・・・最悪最低!! 根性 くさってますよソイツ!」(maedanotoraさん)
「同じ男として、貴女の同僚が取った行動を『情けない』『恥ずかしい』『みっともない』と思います。貴女のお腹立ち、ごもっともです」(minamotonoyusituneさん)

「この種の男はどこかで誰かに懲らしめられる」

   こんな「最悪な男」をこらしめる方法はあるのでしょうか? 過激なのは、やられたらやり返せという提案。

「仕返しするなら『また今度飲みに行きましょうね。○○さんの奢りで』といい その男性にもし誘われたらお店に行く前に男女問わず友達大勢をその店に呼んで逆ボラしましょう。偶然会ったかのように見せかけて~顔が青くなるかも(笑)」(freedomseekplainさん)

   しかし、同じ職場で今後も顔を合わせなければいけないことからすると、かえってヤブヘビになりかねません。そこで「無視するにかぎる」と考える人が多いようです。

「もう二度と近寄らない無視にかぎります。出来るだけ視界に入れないようにするしかないですよ。は~セコ!!こういう男につける薬はないでしょうから」(maedanotoraさん)

   仕返しをあきらめるとすると、怒りに震える気持ちをどう整理すればいいのか。「心を落ち着かせる、魔法の言葉を下さい」というjan_qazwsxさんの要望には、こんな回答がありました。

「忌々しいですが、世の中の災難はこんなに近くにも転がっていると言うことが勉強できた授業料だと思って下さい。たった1万円ちょっとでいい経験ができたと思って下さい。・・・これから出会う男を見る目の肥やしになったと思えば、それほど高い授業料ではありません。あなたが懲らしめなくても、この種の男はどこかで誰かに懲らしめられるものです」(ygprd109さん)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中