<できコツ15>仕事を断らないで「わらしべ長者」を目指せ

印刷

   「仕事はできるだけやりたくない」「同じ給料なら楽をしたい」では、コツコツやる人と数年後に大きな差がつきます。忙しいからと仕事を断らず、どんどん引き受けることで、小さな仕事の成果が信用を呼び、いつしか大きな仕事を任されるようになります。「わらしべ長者」の主人公のように成り上がりましょう。

>>「できるヤツ」と思わせる20のコツ・記事一覧

どんな仕事でも「喜んで」引き受けよう

   これは、以前の職場で目にした光景です。

上司「君、この仕事やってくれないか?」
部下「いま忙しいからできません」
上司「そうか……。分かった」

   私はこのやりとりを「もったいないなあ」という気持ちで眺めていました。この「分かった」には「ああ、君にはヤル気が無いのが分かった。もう頼まん」という意味が含まれていることが、傍目にも分かりました。もしヤル気がないわけではないとしても、仕事を頼もうと思っていた上司からは、どうしてもそう受け取られてしまいます。

   目の前の仕事で手一杯なのが本音でしょうし、頼んだ上司は、あなたがどんなに大変な仕事に直面しているか、往々にして把握していません。あなたの能力も、少し買いかぶられているかもしれません。

   しかし、凡人はどんな仕事でも喜んで引き受けて、精一杯やってこそ次の仕事につながるのです。「その仕事」こそ、あなたが長者になるための「わらしべ」かもしれません。まず仕事を頼まれたら、喜んで引き受けましょう。少なくとも「どんなお仕事でしょうか」と答えるのが凡人の礼儀です。

   小さな仕事の成果が信用を呼び、だんだんと大きな仕事を任されるようになること。私はこれを「キャリアのわらしべ長者理論」と名づけました。「わらしべ長者」は、貧しい男が観音様のお告げに従って、拾った藁を大事に持って旅に出たところ、物々交換を繰り返し、アブを結びつけた藁がミカンに、ミカンが反物に、反物が馬に変わり、最後には大きなお屋敷を手に入れるというおとぎ話でした。

「言われたことだけ」では数年後に天地の差がつく

   この理論に沿えば、与えられた仕事は当然のこと、転んで偶然ひろった仕事でも、チャンスと考えて精一杯やらなければなりません。ただし、無責任に何でも引き受けて、できなければしようがないので「最終成果物は何か」「いつまでにやるのか」などの確認は忘れてはなりません。

   不安があれば、その場で上司に正直に言いましょう。そのときに「ま、大丈夫だよ。頑張って」とポンと肩を叩かれたら「はい、やってみます」と、微笑んで引き受けざるを得ません。

   私にも、忙しいときに突発的な業務が入ることが何度かありましたが、断ったことはありませんでした。というより、自分よりもずっと忙しい先輩や上司の仕事ぶりを見ていると、断る気にはなれなかったのです。デキる人を見ていれば、自分の要領がいかに悪いかが分かります。

   「言われたことだけやっていれば給料はもらえるのだから、それ以上はやる必要ない」と思われる人は、いつまでも同じ仕事のままです。「いま忙しいので」とその場を切り抜けているのと、一時的な苦労を顧みずに仕事をする人とでは、数年後には天地の差がつきます。

   「仕事は忙しい人に頼め」ということわざがあります。忙しい人は、納期内に一定の質・量の仕事を仕上げるために、最短距離を取ろうとします。なので、仕事を仕上げられる確率が高いのです。自分が忙しいと思っても、上には上がいます。力を付けて「急ぎの仕事はあの人に頼め」と言われる力を目指しましょう。

野崎大輔

>>「できるヤツ」と思わせる20のコツ・記事一覧

野崎大輔(のざき・だいすけ)
フリーター、上場企業の人事部勤務などを経て、2008年8月独立。「企業を活性化させるチェンジ・エージェント」を掲げ、東京・四谷で人事コンサルタントとして活動中。野崎人事労務管理事務所代表、特定社会保険労務士。mixiでコミュニティ「できるヤツと思わせる20のコツ」を運営。09年4月からJ-CASTで「ヨソでは言えない社内トラブル」を共同執筆。
わらしべ偉人伝―めざせ、マイケル・ジョーダン! (角川文庫)わらしべ偉人伝―めざせ、マイケル・ジョーダン! (角川文庫)
ゲッツ板谷

角川書店 2007-05
売り上げランキング : 318130
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中