2020年 12月 5日 (土)

新入社員の最初の関門「自己紹介」のコツは?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「悔しかった出来事」を話すのがコツ

   新入社員でなくとも、ビジネスパーソンにとって「自己紹介」は重要だが、なにかコツはあるのだろうか。『売れる営業、売れない営業』『法人営業バイブル』など営業術に関する著書が多数ある経営コンサルタントの大塚寿さんは、

「自分が実際にやってみて好評なのは『ネガティブ自己紹介』ですね」

と話す。「ネガティブ自己紹介」というのは、「自分はこんなにスゴイんです」と自慢するのではなく、その反対のエピソードを紹介する方法で、話す内容は大きく3つに分けられる。

(1)コンプレックスだったことは何か
(2)今までにできなかったことは何か
(3)悔しかった出来事は何か

   これは大塚さんのリクルート時代に、社の大先輩の藤原和博さん(元杉並区立和田中学校校長)に教えてもらった方法なのだそうだ。

「人は自慢話よりも失敗談に共感しやすい。ただ印象に残るだけでなく、好意的に受け止めてもらえるのが、ネガティブ自己紹介のよい点です。またネガティブとはいっても、悔しい経験というのはその人のエネルギー源でもあるので、前向きさをアピールすることもできるんですよね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
職場活性化の「すごい!」手法 (PHPビジネス新書)
職場活性化の「すごい!」手法 (PHPビジネス新書)大塚 寿

おすすめ平均
stars活用次第
stars久々にマネジメントに使える本です
stars自分好みの活性化策を参考にするのがいいかと
stars実はマネジメントの本だ!
starsアナログ・コミュニケーション事典

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中