2020年 10月 25日 (日)

「私もブラック会社に入ってしまいました」

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   できることなら入りたくないブラック会社。J-CAST会社ウォッチでは2008年12月に「泥のように働かされる『ブラック会社』どう見分けるか? 」という記事を掲載したが、09年3月、ある読者から「私もブラック会社に入ってしまいました」というメールが届いた。ブラック会社といってもいろんなタイプがあるが、どんな会社だったのだろうか。話を詳しく聞いてみた。

「ばかやろう!」社屋に響き渡る怒鳴り声

一度はまってしまうと、ブラック会社の「闇」から抜け出すのは容易ではない
一度はまってしまうと、ブラック会社の「闇」から抜け出すのは容易ではない

   白井優子さん(仮名)は30代後半の女性。関西地方の出身だが、社会人としてのキャリアの半分以上を中国で過ごしてきた。金融関係をはじめ複数の会社で働いてきたが、新しい世界にチャレンジしようと思い、中国南部にある日系の雑貨メーカーに転職した。

「その会社は急成長中のベンチャー企業で、社長も30歳と若かったんですね。不安はありましたが、『一緒に会社を大きくしていきましょう』と権限の大きいポジションを提示され、金銭面の条件も悪くなかったので入社することに決めました」

   しかし、いざ入ってみると、初日から彼女を驚愕させる出来事が待っていた。エネルギッシュな若社長は稀に見るパワハラ男だったのだ。

「ばかやろう!ふざけんじゃねえ!」

   午前中から社屋に響き渡る大声で、社員たちを怒鳴りつける。まるでヤクザの事務所かと思うほどの勢いで、男女問わず言葉の暴力を浴びせかける。20代の女子社員に対しては、「バカ女!」「ブス!」「ババア!」「おばはん!」とほとんどセクハラの域だ。

あなたの職場を色にたとえると?
明朗快活な「イエロー」
情熱あふれる「レッド」
沈着冷静な「ブルー」
極悪非道の「ブラック」
なんともいえない「グレー」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中