怒ったエレカシ宮本に何と言えば良かったか?

印刷

   人気バンド・エレファントカシマシの宮本浩次さんがラジオ番組の生放送中に「キレた」と話題になっている。DJの不用意な一言が個性派アーティストの逆鱗に触れてしまった格好だが、似たような会話の行き違いは、職場や営業先でもときどき起こる。思わぬところでゲストを不愉快にさせてしまったDJは、どう対処すれば良かったのか?

「失礼なやつだ、こいつは」

TOKYO FMのサイトでは番組の動画が公開されていたが、騒ぎが大きくなった後、削除されてしまった(右側)
TOKYO FMのサイトでは番組の動画が公開されていたが、騒ぎが大きくなった後、削除されてしまった(右側)

   ハプニングは、TOKYO FMで2009年4月18日に放送された生放送番組「COUNTDOWN TFM」で起きた。エレファントカシマシの新作アルバム「昇れる太陽」について、DJの鈴木万由香さんが感想を述べたときのことだ。

「なんか今回のアルバムっていうのは聴くたびに印象が変わっていって、なんていうんでしょう、オードブルもサイドディッシュもないフルコース・・・メイン!メイン!メイン!メイン!みたいな。ちょっとぱっと聴いた感じで『うわっ!食べにくい!』っていうような。でも実際飲み込んでみると『こんなに美味しいもんないや』という・・・」

   これを聞いた宮本さんは、

「人の前で『食べにくい』って言ってましたね、この人」
「失礼なやつだ、こいつは」

と不快感をあらわにした。しかし鈴木さんは軽く「すみません」と言いながらも笑って話を先に進めようとする。これに対し、心ここにあらずという感じで黙り込んでしまう宮本さん。そこで鈴木さんが「宮本さん、いま遠くに行ってました?」とツッコムと・・・

宮本「遠くっていうか・・・まあ、悪気がねぇのは分かってるけどよぉ」
鈴木「ケンカ売られてます、いま」
宮本「ケンカじゃねぇだろ。おめえが売ってるんだ、このバカ」
鈴木「いえいえ」
宮本「気をつけろ、このドアホ」
鈴木「言ってないです・・・」

フォローのチャンスは何回もあった

   最初に鈴木さんが口にした感想は「いったんけなしてから、後でほめる」というものだったのだが、「食べにくい!」という言葉が強烈すぎたのか、宮本さんにはただの悪口としてしか聞こえなかったようだ。しかし鈴木さんは「ほめている」つもりなので、宮本さんがなぜ怒っているのかわからない。そのために、その後の会話も完全にすれ違いで、かえって火に油をそそぐ形になってしまった。

   確かに、鈴木さんにしてみれば宮本さんの怒りは勘違いだといえるし、公の場で憤りをあらわにするのは大人げない行動ともいえる。だが私たちの仕事でも、このように本来意図しないところで「何気ない一言」が相手を傷つけてしまい、人間関係がこじれてしまうことはしばしば起こることだ。こんなときはどうすればいいのか。

「ネットで公開されていた動画も見ましたが、宮本さんはキレたというよりも『食べにくい!』という言葉に傷ついて、気持ちが向こうに行っちゃった感じですね。繊細な人、正直な人なんだと思います」

と指摘するのは、『「愛され社員」で行こう!』(日本実業出版社)や『1秒で彼を夢中にさせる本』(中経出版)など人間関係をテーマにした著書が多数ある作家の藤沢あゆみさんだ。

「こういうときは、『ごめんなさい』とちゃんと謝ったり、『でも、はまっちゃったんですよね』とプチフォローの言葉を入れたりすればまだ良かったと思うのですが、逆に『遠くに行っちゃった』と指摘したことで、宮本さんの逃げ場がなくなってしまいましたよね」

   藤沢さんからみると、フォローを入れるチャンスは何回かあったという。

「宮本さんは『失礼なやつだな』とか、『悪気がないのは分かってるけど』という言葉で何度もSOSを出しているんですよね。そのタイミングでフォローの言葉を言えれば良かったんですが……DJの彼女からすれば『甘くみられちゃいけない』という気負いがあったのかもしれません」

   最善なのは雲行きが怪しくなったらすぐにフォローの言葉を入れること。だが、相手が向こうに行ってしまったら、無理にこちらに引き戻そうとしないで、時間をおいたほうがよい場合もあるという。

「宮本さんの気持ちが遠くに行っちゃったときに、無理に会話をふらずに、リスナーに向けてアルバムのことを語るという方法もあったでしょう。その言葉がフォローになっていれば、宮本さんもクールダウンできたのではないでしょうか」

   私たちも不用意な一言で相手を怒らせてしまうことはある。そんなときのケーススタディとして、今回の二人の「キャッチボールミス」は参考にできるのではないだろうか。

「愛され社員」で行こう!
「愛され社員」で行こう!藤沢 あゆみ

おすすめ平均
stars名著です!
stars恋愛からの脱却
stars浸透力が違う
stars建前のようでいて実は本音のリーダー論
stars愛され社員は最強社員!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中