子供が遊ぶ公園で「メールに夢中」の母親たち

印刷

   私のような者でも、時々、講演を依頼してくださる方がいらっしゃいます。

   ある時、小学校で子供と携帯電話について話す機会がありました。話を聞いてくださっているのは、小学生のお母さん方です。ひととおり話を終え、雑談のなかで40代の親御さんがポツリと漏らしました。

「最近の若いお母さん方を見ていると、さすがに『ちょっと、どうかな』と思うことが多いですよ……」

   この親御さんによれば、幼稚園や保育園などの「お迎え」の道すがら、あるいは、その後に公園などで遊ばせている間、お母さん方がケータイに夢中になっている光景をよく見かけるのだそうです。

ケータイ依存は子供よりも大人のほうが問題

「お迎えから帰る途中、子供の手を引きながら通話に夢中になっているなんて、ごく当たり前。幼稚園児でしょう、あれじゃあ子供が転んでから、何かにぶつかってからしか気づかないですよ」

   転んだ先が道路で、たまたま通りがかった車に轢かれてしまったら……。ぶつかった電柱などに突起物があって、顔などに刺さってしまったら……。

   注意が散漫になりやすい子供だからこそ、親が守ってやらなければならないはずです。

   話を聞いていた別の親御さんも加わってきました。

「公園でも、子供をブランコやジャングルジムで遊ばせておいて、その横でメールを打っていたり、離れたベンチに座って通話していたり。万が一、さらわれそうになっても、気づかないかも」

これが10代かと思えば、30代の母親でも珍しくないと言います。

   子供の携帯依存、ネット依存が問題視されています。でも、本当に携帯依存、ネット依存(メールはネットの利用法の一つです)なのは、実は大人の方なのではないでしょうか。

   「他人のフリ見て我がフリ直せ」とは、いまの大人たちに向けた警句に思えてなりません。

井上トシユキ

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中