日本を見捨てて外国で働く?そんなに甘くないぜ

印刷

   3年前に独立して小さなヘッジファンドを興した友人の話を久しぶりに聞いて、驚きました。今年2月末時点のファンド基準値が、スタート時点の2006年5月と同水準まで回復した、というのです。    当時の日経平均が15,000円台、今年の2月末時点では7,000円台ですから、彼が投資対象に選んだ日本の中小型株は、市場の動きに対して2倍近い高い株価をつけたということです(実際はまだ1円も儲かっていませんが・・・)。... ...
[記事に戻る]

001
海外というけれど 2009/5/13 17:45

>私が知る「海外で働く日本人」の大半は、「海外企業の日本向けビジネスを担当する」「日本企業の現地法人で働く」という感じで、日本の威光を借りて働いているに過ぎません。

もっと言うと、「海外にいながら、日本企業の現地法人で日本企業向けビジネスを担当する」人のなんと多いことでしょう。また、海外でビジネスをしながら、日本メディアばかり向いている(IR?)人・企業もかなり多いと思います。

この話題のきっかけを作った方もシリコンバレーと謳っていますが、日本企業やメディア相手にして稼いでいる自分に自己矛盾を感じないんでしょうかね。

002
宥和 2009/5/13 20:47

イチローや松井もNHKの放映権料がなかったらどうなってたのか。結局自国とのつながりでしか成功してないのではないでしょうか。

003
そうだね 2009/5/13 21:54

ドイツにもアメリカのLAにも住みました。日本の会社でも海外の会社でも働きました。
日本はだめ、この会社はだめ、この上司ではだめ、という人は、周りが悪いから自分が活躍できないといいわけ探しをしてるだけ。どこに行っても何をやってもだめでしょう。
どこの国で働くか、どこの会社で働くかより、自分がどうあるかだと思います。

004
kenken 2009/5/13 23:40

そんなことでスタメン張れるほど野球って甘くないと思うぜ。

005
50歩100歩 2009/5/14 04:37

元記事とかは興味ありませんが、私はアメリカで非日本系企業で日本とつながりが直接ない(ソフトウェアの開発)部門で働いております。私のような立場の人がどれほどいるのかは存じませんが、企業と日本は日本が世界有数の経済圏である以上ある程度かかわりあって当然じゃないですか?

「日本において日本企業に勤める」だけでも日本の威光(ってあるのか知りませんが)を十分に受けてんじゃないの?じゃあ
アメリカでアメリカの企業に勤めていても結局は日本の威光(ってなに?)を十分に受けてんじゃないの?

職種、場所、仕事内容、人種が日本とかかわるかどうかなんかで分けないでほしいんですけど。

006
ビジネス太郎 2009/5/14 07:36

>日本はだめ、この会社はだめ、この上司ではだめ、という人は、周りが悪いから自分が活躍できないといいわけ探しをしてるだけ。どこに行っても何をやってもだめでしょう。

 これ、いい台詞ですねえ。
 不平を言う人ほど、その人が駄目、という。
 小鳥じゃないんだから、口を開けていても、仕事は舞い込んでこない。不平を言い、開拓できない奴は、本当に駄目だよねえ。

007
そのとおり 2009/5/14 12:27

久しぶりにまともなことを言ってくれる人の記事が出ましたね。当にそのとおりです。日本を見捨てるではなく、実際は日本に居所が無くなって、日本から逃げ出した人が大成することなど「ウン」以外の何者でもありませんね。たまたま「ウン」が良かっただけですね。大部分は、バブルのおかげ。
もし実力があれば、日本で大成していますからね。

008
シリコンバレー 2009/5/14 16:11

シリコンバレー「いい」ですよー。優秀な奴が一杯いて、金持ちが一杯いて、不動産とかバカ高くて、仕事は英語でしなきゃいけなくて、簡単にクビになって。
結果「頑張って働いてそれなりに金を稼がにゃ悲惨すぎる!」と本気で思えるようになりました。結構きついんですけど、まあ自分は本来ぼーっとした人間なので、人生一度位は本気で頑張るモードもありか?

ちなみに自分は現地企業で働いていて、日本もあまり関係ありませんが、日本の駐在員の方は会社の各種金銭補助をベースに羽振りのよい生活をしているようでうらやましすぎです。
というわけで、海外へ行くなら駐在員最強、ってあれ?(笑)
僕もそういうのがあるのを知ってれば駐在員を目指したんですけど、そもそも日本の大手の会社にうまくなじめなかったんですよ... お陰ではみ出し人生まっしぐらです。人生の先が見えない...

009
ak1998 2009/5/14 17:12

日本の威光と無関係で海外で生活を成り立たせている人はそんなに少なくないと思いますよ。確かに海外にいると日本人である利点が多々あるのは否定できません。私自身、「日本語ができる人枠」で米国企業に入社したのですが、入社後は日本と関係のない仕事がメインで任されました。プラスアルファとして日本語ができることが利点にはなったのですが、実際そのオフィスで日本語ができる人が必要ない体制になってた時期も、私の仕事の量が減ったわけではありません。あと、各国の日系コミュニティー内でのビジネスは、祖国・日本の威光うんぬんじゃなくて、彼らのコミュニティー内という限られた経済圏でやりくりしてるのではと思います。その辺は他の国からの移民たちのコミュニティーと同様だと思います。反発するわけではないのですが、けっこう盲点のある表現だったのではと感じました。

010
禿同 2009/5/14 17:32

氏がご指摘の J-CAST 記事に対する感想を、氏がご自身の経験と絡めて語っていただいた事で、自分が考えていた事を代弁していただいたような気分になりました。

結局青い鳥が国内にいないからと言って、海外にいるとは限らないんですよね。

011
Iam イエス ナガタ 2009/5/14 23:29

私にとって働くんならヤッパシ中国それも瀋陽でしょう。
それは歴史と、活力と、ダイナミズムがあるからです。
先ず歴史的には6千年前の新楽遺跡があり、約350年前の愛新覚羅ヌルハチの清朝勃興の地であり、約80年前の満州国勃興の地であり、今は八百万人を越える北京より北第一の大都市であることです。
活力、ダイナミズムでは、道にはベンツ、BMW、レクサス、インフィニティー、アキュラ、の高級車から、ミゼットのような小型3輪車、自転車、馬車、驢馬車まで犇いています。
大きな格差は即頑張ればそこまで上がれる可能性を秘めている都市だと言うことです。
もう一つ大事なことは物価が安く、日本円を十倍にして使えることです。日本のような閉塞感は全くありません。
有るのは可能性と、前進!前進!前進!のみです。

012
ミミ 2009/5/15 01:05

私も50歩100歩さんの意見と同意見です。
「とってもいいことを書いてらっしゃるな」と思いながら読んでいたのですが、最後のセリフに強烈な不快感を感じました。
私はアメリカ人の夫とともにアメリカで暮らし、現在はこちらにある日本企業に勤めています。母国語である日本語が現在の会社に必要とされ雇われただけで、別に「日本の威光を借りて」いるわけではありません。 ここの会社に来る以前はアメリカの公共の図書館に勤めていました。 それもあなたに言わせれば「威光」なのですか? 日本が偉いから日本人である私が雇われたという意味ですか?「大半は」と一応気を遣ってらっしゃるかもしれませんが、ご自分こそ「海外経験を威光に仕事を貰い、人に意見しているだけ」という印象を逆に与えてしまっていますよ。

013
海外大賛成! 2009/5/15 03:36

私はNYで親の七光りも、何の力も借りずに自分でこっちの企業にアプライし、面接に来て、仕事を勝ち取り、VISAも運良く取れて働いています。
そうゆう人達も沢山います!!!
一丸に日本の威光を借りて働いている人ばかりだというのは大反対。
すごく苦労もしてるし、泣き出して帰りたいって思うことも何度もありました。
でも、夢と希望が自分の支えになっています。NYに住んでいる日本の駐在員みたいに立派な暮らしはしていませんが、自分の人生大満足です。日本を離れて海外で働いてなかったら今の自分には出会っていないはず。日本から出て個とない人達はかなり保守的で、正直魅力を感じません。
どこで働いていても、自分のモチベーションをキープし回りに流されないことが一番大切だと思います。

014
おいおい 2009/5/15 16:07

>>13
たくさんいないでしょ?
もしかして、みんな知らないだけで何千万人もいるの?

015
ak1998 2009/5/15 16:22

再びおじゃまします。追加のコメントです。
他の方が反発されてるような流れで岩瀬さんのおっしゃる「日本の威光」の意味を理解していないわけではないのです。確かに私が例に出した日系コミュニティー内のビジネスにしたって、駐在員や留学生がいなければ成り立たないものも多いでしょう。私の永住権が3ヶ月でとれたのも日本国籍のおかげもあります。今は米国企業勤務ですが、最初の仕事は日系企業で、そこでの就労経験なども評価されて今の仕事につながっているので、私も「日本の威光」を借りてきた口でしょう。アメリカ人ですら中国で仕事をするのにはビザが必要なのに、日本国籍であるおかげで私はビザなしで短期出張ができたことなども考えると、いろいろ批判される部分はあっても日本の国際的評価は低くないと実感してます。でも職種や性別など、背景によっては日本でより海外で成功しやすい人が多くいるのも事実で、それは別次元の話です。

016
文章を読もうよw 2009/5/15 16:29

そもそも日本人が海外で商売できるのは、今までの日本の企業や役人・政治家、個人が努力してきたからでしょう。今までの積み重ねにこそ意義があるのです。
この筆者が言っている「威光」というのはそういったことだと思いますが、あまり理解されていない方がいらっしゃるようですね。比喩という言葉を進呈したいです。

017
naoki 2009/5/16 00:14

ぼくえらい=自分で会社を立ち上げた人達>海外の日系>日本の日系

というイヤな印象を受けてしまいました。
とはいえ、その才能、努力できる能力には憧れを感じてしまうのも確か。
頑張るぞー!
という気分にさせて頂いてありがとうございます!

018
あの~ですね、 2009/5/16 12:34

「マクロのことは、政治家に任せておけば~」は何とも日本人らしい丸投げ現象でしょう!政治家を選ぶのは国民です。しかし、国民そのものが思考停止しすぎる。だから結局もう国に頼ることはできず、個人で何とかやっていくしかないのです。しかし、いずれ日本は移民を受け入れるとしたら、日本であって日本でない一種の外国になってしまったりして。

019
このブログ、例のブログより はるかにマシな見解です 2009/5/16 21:06

多くの方々が日系企業に雇用を見つけるというのは事実だけど、文面内の「威光」とやらで善し悪しつけても 意味ないと思うが。
ま、色々なパターンがあるってことで。
アメリカのケースで言えば東と西、midそれぞれ状況は違うしね。職種にもよるし。

言えるのは、第2外国語を喋れて損は無しってこと、現地に行かなきゃ大抵の場合始まらないってこと、そんなに簡単じゃないってこと、即行解雇を覚悟ってことですね(他にもあるけど割愛)。あと、何と言うか・・・海外での運みたいなものも意外と重要。こればかりは個人ではどうにも出来ないけど。


PS:>(文面内の)気候がいい。
蒸し暑い夏は勘弁してくれ!


020
2009/5/17 02:14

※19
蒸し暑いのは辛いけど、カラッとした夏も、日射しが痛くて大変らしいですよ。

021
著者の言ってる事は概ね正しい 2009/5/17 13:14

海外に来ても日本関連でしか生きられない情け無い連中が多すぎるのですよ。普段は日本はだめだだめだとしか言わないくせに、日系企業ではたらいたり日本企業相手のコンサルタントになったりね。そのくせ海外で働いているということに変な優越感のようなものを持ち出す始末で手に負えませんよ。

海外で自分一人の力で生きている人もいますが、単に日本の甘い汁だけを吸っている人間も多いですし、そんな人間に限って日本はだめだといいます。著者はそういう人間に苦言を呈しているのでしょう。甘い汁を吸うなとは言いませんが、甘い汁の源泉で苦労する人々にはもっと敬意をもたなければ。

以上、海外で働いていて、切に思うことです。

022
pandaman 2009/5/17 16:08

私はどこで働こうがその人の自由であり、甘い考えで海外へ行っても良いのではないでしょうか?甘ければ失敗し、日本へ帰る人もいれば 適応して自分なりの成功を手に入れる人もいることでしょう。成功って個々の考え方が異なり、社長になったからと成功したとは言えないと思うのですが。
まして日本の威光でうんぬんなんていうのは間違っていると思います。日本の威光だろうが親の七光りだろうが目の前にチャンスがあるのに逃してしまうほうが惜しいことだと思います。
チャンスがあればどんどん使うことが重要なのではないのでしょうか?運も力のうちです。

023
正男 2009/5/17 16:18

「日本はダメだから海外で働こう」って記事を何処かで読んだ気がするのですが、どこだったかなあ~
「両論併記」ってやつですか?

024
ちゃんちゃらおかしい 2009/5/17 17:52

国内で小さな商社やってます。

日本の威光なんてないですよ。

むしろ苦労が多いです。

何か勘違いされてるんじゃないですか?

025
No.19より 2009/5/17 18:03

No.20さんへ
両方経験した結果、僕個人としては日射しの痛さを取ります。
もうねぇ~、蒸し暑いとヤル気が失せそうになる。
ジメッとした止まらないイヤ~な汗、その汗と共に髪の毛が抜けるかもしれない恐怖心(←ここ最近の勝手な思い込み)。
これ以上、想像したくないのでこの辺で撤収します(笑)。

026
裸で勝負している日本人の一人 2009/5/17 23:32

アメリカで、日本と全く接点のない仕事をしている者です。
少なくともここにはこういう日本人は結構います。そういう方たちは日本人村に出入りしないので、他の日本人と接点が少なくあまり目立ちません。だから「ほとんどいない」ように見えるのかな?
確かに海外で働くのは甘くは無いですが、特に理系ならば多くの方が想像しているよりハードルは低いと感じています。

>これからは、一人ひとりの生き方やキャリアの選択を真剣に考えて、選ぶことが求められていることだと思います

これが日本ではうまくいかないから、海外に行かざるを得ない、と言うのが本質なのではないでしょうか。
新卒での就職で失敗したら、あっという間に選択肢が狭まってしまい、再起が非常に難しくなります。
かく言う私もそれが原因でアメリカに渡ったわけですが。

027
日本にどっぷりつかる日本人 2009/5/18 16:16

日本の威光云々でお怒りの方がいらっしゃるようですが
この文章は「日本がダメだから海外で働こう」って別の方の記事が前提になってる記事だと思いますから、そちらをご覧になってから批判しないと片手落ちです。

ようは海外で成功するのは大変良いことだけれども、それで「日本はダメだ」ってどーなのよ?という記事なのです。

威光云々の対象は「海外で成功するという幸運をつかみながら、その成功を自らの能力によるものと過信し、「日本」という自らの存在基盤を軽々しく捨てることを推奨する輩」に対する皮肉ですから、大半の方は当てはまらないのではないかと。

028
海外在住者も国内居住者もいろいろだ 2009/5/18 22:18

私は韓国に居ましたけど、身の回りを見ても、韓国人ばかりのところにドンドン入っていくタイプの人と、日本語を使う仕事とか日本人が多いコミュニティに付いたままの人とは、意外と情報交流なかったと思います。

いまどき反対に国内に住んでいてもネットの向こうで海外とばかり仕事している人もいますよ。
事態はもっと流動的ではないでしょうか。

029
のびのび 2009/5/20 01:24

私は別に「日本の威光」を受けてヨーロッパで就職していないので、筆者の意見とは異なる立場ですが、結構そういう人は海外にいるのではないでしょうか。日本人らしい器用さとか丁寧さで海外で生き生きと仕事している人も多いですが、それと「日本」が後ろ盾になっているかは疑問だし。この筆者は留学のついでに研修としてちょびっと仕事(インターン)みたいな感じで仕事して「僕は海外でも働いた」みたいなこと書いているので苦笑してしまいました。

030
  2009/5/20 10:40

27氏に同意です。この記事は反論記事です。
「「日本の威光」なんかで働いていない」と反論している方々がいますが、「元の記事」の渡辺千賀さんは三菱商事出身で現在アメリカでご活躍されています。
そんな彼女が「今後の日本は格差社会・誘拐多発になり、最悪右翼が支配する。だから日本を捨てて海外で働こう」という記事を書き、それに対する皮肉的な反論で「日本の威光」とおっしゃっているのだと思います。
海外で働いている人を単に否定しているわけではないですよ。5氏、9氏、12氏、13氏に対してなんてもちろん否定なんかしていないと思います。
日本であれ海外であれ、またその理由がどうであれビジネスで成功し活躍するのは素晴らしいことだと思います。
日本に絶望して裸一貫で海外に出て成功した訳でも無いのに、「日本は今後誘拐多発で右翼が台頭する可能性がある。そんな国を捨てて海外で働こう」という記事のあくまで反論記事です。

031
うるむ 2009/5/22 04:57

クラシック音楽関係の仕事をドイツでしています。
他にもそういう人を知っています。
単純に仕事の量が多い。
日本で仕事に恵まれれば生まれ育った日本で暮らしたいです。
そうすると日本特有の難しさが気になってくる。
流されやすい日本人はブランド志向やインチキなウンチク好きで日本でやってる人の話を聞くと悲惨でがっかりすることがある。
「こっちは子供でも自分の意見を持っているのに日本ときたら・・・」と思ってしまう。
偉そうにしたいわけじゃないんです。ごめんなさいね。

032
unimaro 2009/5/22 21:57

私は後進国で働いていましたが(就職と自営)、日本の方が良いというのは正しいかと。
でもそれは外国に出たからわかるのであり、、

また、業種の選び方に関しては、今だけをみる見方は少し?です。
昔、炭鉱が、、、重厚長大企業が、、、、と、時代の花形のその花の時期は意外に短いです。
一生を考えての選択の方が良いかと。

033
nn 2009/5/23 01:25

一人で査証取って一人で海外で働いてます。

外国で働く=日本を見捨てる、という視点にちょっとイラっとしました(笑)。退職=裏切り、の発想と似てますね。

そう思う人はやっぱり日本の方が向いてるんだろうな〜。

034
ak1998 2009/5/23 14:51

この記事三度目の投稿になります。
この数年熱心な書き込みなどする機会はなかった
のですが、元になってる2つの記事よりも、
他の方々からのコメントに対して興味が沸いてきて、
1つの記事に3度も投稿してしまっています。
やっぱり日本とは関係ないところで、働きやすい
(自分の能力を活かせる職場がある)という理由で
日本国外での就労を選んでいる人が少なくないことが
うかがえてうれしかったです。
「海外企業の日本向けビジネスを担当する」
「日本企業の現地法人で働く」タイプの人たち以外は
松井やイチローしか知らないという筆者の交友範囲の
狭さが露呈されたといったら嫌味でしょうか。
ただ実際「日本の威光系」で鼻持ちならないタイプも
少なくないのは事実なので、そこを指摘する意味は
あったと思うんですけどね。

035
かも 2009/5/23 16:10

一般論として岩瀬氏の発言は事実でしょう。
ここでは、その一般論から外れた例外の人たちが反論をされているのですが、その多くには独力で外国企業に勤めている私って凄いでしょ、やっぱり日本って遅れてるわね、みたいな考え方が行間から漂ってきます。
そこで改めて岩瀬さんの言うことは正しいのだなぁと思えてきます。

036
いますね 2009/5/23 23:39

日本人は積極的に海外に出たがらないから、積極的に海外に出て活躍してるだけで「俺(あたくし)偉い!」みたいな発想になるんでしょうね。
そんなことを自慢している時点で、その人も日本を意識して離れられないんですよ。

別に海外へ出ようが出まいがどっちだっていいんです。
日本を離れたからすごい、日本にいるからダメ、その論法自体がすでにおかしい。
どこにいようが、出来る人は出来る、ダメなのはダメ。
それだけですよ。

037
日本にどっぷりつかる日本人 2009/5/24 09:39

http://www.j-cast.com/2009/05/04040550.html

元記事と思われる記事のリンク貼るの忘れてました。
ちなみに「見捨てる」という表現も、この元記事の内容からすると「見捨てる」としか書きようがないでしょうね。

まぁこの記事だけ見ると反論したくなる方の気持ちはわかります。35の方が言うようなことはないでしょうし。
皆さん海外で成功するにあたって並々ならぬ努力を払ってこられたでしょうから、「威光」云々はその努力を無視していることの証でしかありません。まぁ言いたいことはそこではないにしても、余計な一言でしたね。

一方で残念にも海外で失敗し、帰国された方がこの記事を読んで、どのようにお考えになるか伺ってみたい気もします。

038
平凡な人間 2009/5/25 06:11

自分は本当に何の取りえも無く典型的なくらい平凡な30代です。海外も含め働く場所をいろいろ選べるような才能がある人達がうらやましいです!

039
わるぼう 2009/6/ 4 08:53

3年ほど海外で外国人と働き、「日本を捨てて海外で働こう」と考えてきましたが結局、比較論で日本に戻ってきました。
渡辺さん、岩瀬さんの両方の意見に賛成です。日本はたまたま日本語と日本人と日本文化だけでクローズしている極めて特殊な国ですが過去の蓄えでこの特殊な状態をそれなりに維持しています。排他主義や高齢化、成長諸国の台頭など様々な要因で今後競争力を失い衰退し、雇用機会は減少していくのは間違いないと思います。
それゆえ、特殊分野で競争力の高い人たちは、今後は積極的に海外で学び働くべきでしょう。そのことにより選択肢と見返りがより大きくなります。
一方で、中途半端に日本人キャリアになっている人(ちょっと留学してたりちょっと外国で働いた人も含む)にとっては、日本はまだ社会インフラも極めてすばらしく、競争相手がしょぼいので、しばらく悠々食っていけるので日本の方がお得です、ということだと思います。

040
ロンロン 2009/11/25 22:18

よく日本人で「甘い」とか「甘え」とか「甘くない」とか「厳しい」とか言って否定したり抑圧したりして最初から可能性を捨てていますね。これが日本の「国民性」だと思います。

041
COCOA 2010/8/ 8 11:25

米国のフランス系企業で働いています。 日本人は私一人だけ。 後はインド人や現地の米国人、スーダンから難民として米国に移住してきた人などがいます。働くということがこんなに楽しいとは思いませんでした。日本人と一緒に働くよりはるかに気が楽です。日本にいるときは働くのは苦痛以外何者でありませんでした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中