2019年 11月 22日 (金)

「0120」で始まる迷惑電話がかかってくる!

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   今年に入ってから、Aさんのケータイに「0120」で始まる番号からの電話が相次ぐようになりました。

「0120って、普通はこちらからかける番号でしょう。なんでこちらにかかってくるんだ、と」

>>ケータイとほほ観察記・記事一覧

「懸賞に当選しました」と個人情報を要求

   電話に出たとたん切れてしまうケースもあれば、音声ガイドが流れることも、インターネットの無線接続への勧誘があることも。

   いずれにせよ、「ロクでもない感じ」だったので無視していたのですが、あまりに頻繁にかかってきます。Aさんは、ネットで検索すれば同じ被害に遭っている人もいるのではないか、と思い立ちました。

「『0120』『迷惑』といったキーワードで検索したら、同じような被害のケースを相談する質問サイトへの書き込みはもちろん、どういう仕組みで0120からケータイにかかってくるのかの説明も、出るわ出るわでたくさんヒットしたんです」

   Aさんによれば、0120を使った迷惑電話には、いくつかのパターンがあるとか。

   ひとつは、ワン切り。フリーダイヤルだからかけ直してもお金がかからないという安心感に付け込むのでしょう。実際にかけ直すと、何かの使用料が払われていないので、音声ガイドに従って個人情報を入力したうえで早急に払え、といった応答があることが多いそうです。

「懸賞か何かに当選したので個人情報を登録しろ、というのもありますね。怪しすぎて普通はガチャ切りすると思うんですけど、事情を知らない人のなかには引っかかるケースもあるんでしょうね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか―カンニング竹山と考える (扶桑社新書)
大阪人はなぜ振り込め詐欺に引っかからないのか―カンニング竹山と考える (扶桑社新書)竹山 隆範

おすすめ平均
starsしっかりとした内容。
stars燃えるキレ芸
stars論理的でも、分かりやすい。
starsなるほど納得の一冊。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中